記事

「コロナとの闘いは長いマラソン」桑子アナやアッコを感動させた山中教授の言葉の共感力

1/2

[画像をブログで見る]

「私、感動してね。涙出てきた。テレビで見てて・・・」

 アッコこと和田アキ子さんが、自ら司会を務めるTBS『アッコにおまかせ!」の生放送の中で明かした。

(和田アキ子さん)
「この間、他局ですけどNHKでiPS細胞の山中教授がインタビューやをやっていらして
『自分はジャンルが違うし、口を挟むことではないけれどももっとみなさん真剣に考えていただきたい』と。
で『約1年近くコロナ対策に意識を向けてください。
気持ちとしてはバッシングもあるでしょうけど、半年くらいで(状況が)よくなればいいと僕は思っています』と・・・」

 その後でこう発言したのだ。

 「私、感動してね。涙出てきた。テレビで見てて・・・」

 実は筆者も和田アキ子さんが見ていたというNHKの放送をたまたま見ていた。

 新型コロナで重苦しい雰囲気が広がる中で心の琴線に響く”いい放送”だと感じた。

 その後でこの放送を見たという知人からもNHKが「すごくよかった」というメッセージを受け取った。

 そして和田アキ子さんのこの言葉だ。

 共感の輪が静かに広がっているのではないのか。

 だとすればこれは伝えておくべき大事な出来事ではないか。

 いまの時期にテレビが何を伝えるべきなのか。その課題を日々研究している筆者にとっては、視聴者が共感したニュースとして記録しておくべきと考えて以下、記しておく。

  和田アキ子さんが感動したという番組は3月27日(金)のNHK『ニュースウォッチ9』だ。

 NHKの看板ニュース番組の一つだ。

 この日、連日増え続ける新型コロナの感染者の問題や首都圏の知事たちが週末に呼びかけた「外出自粛」や経済的な打撃などについて報道した後で、サブキャスターを務める桑子真帆アナが自分で取材した内容を紹介するコーナーを伝えた。

 ちなみに桑子アナは朝のニュース番組『おはよう日本』への異動が決まっていて『ニュースウォッチ9』はこの夜が最後の出演だった。  

(桑子真帆キャスター)
「手強いウィルスに私たちはどう立ち向かっていけばいいのか。
そのヒントを求めてきょうこの方に話を聞きました。
こちら京都大学の山中伸弥教授です。
いま多くの人に伝えたいという強い思いを伝えてくれました」

 この言葉の後で桑子アナが京都大学iPS細胞研究所に赴き、山中教授と対面するVTRが続く。

 桑子アナはマスク着用で顔の半分を覆い、対する山中教授はマスクなしという一見違和感がある形の対面だったが、これも二人のやりとりで理由が明かされる。

 互いに挨拶の言葉を述べた後で桑子アナが釈明した。

(桑子真帆キャスター)
「初対面でこのマスクでの挨拶ということで失礼をお許しください」

(山中伸弥教授)
「とんでもございません」

 以下、桑子アナが読むナレーションと彼女の質問、山中教授のインタビューを文字にしていく。

(ナレーション)
「インタビューの冒頭、山中さんはこう切り出しました」

(山中教授)
「僕もマスクした方がいいと思うんですが、きょうは僕がいま新型コロナウィルスに対して思っている危機感。
であったり、いろいろな思いを、せっかくこういう機会をいただきましたからできるだけたくさんの人に感じ取っていただきたいので、あえてマスクは外しましてインタビューしていただけたらと思います」

 VTRの画面に

山中伸弥による新型コロナウィルス情報発信
出典:淡路市医師会・山中伸弥による新型コロナウィルス情報発信

というホームページ画面が映し出され、そこには「新型コロナウィルスとの闘いは短距離走ではありません」と書かかれている。

(ナレーション)
「ウィルスに関する最新の情報を伝えようと、山中さんは今月ホームページを開設しました。
情報発信を始めた動機についてこう綴っています。

[画像をブログで見る]

(桑子キャスター)
「(ホームページの文章を読み上げて)『(自分は)感染症や公衆衛生の専門家ではありません。
しかし、国難である新型コロナウィルスに対して医学研究者として、何かできないかと考え、情報発信を始めることにしました
ここ(この言葉)にはどういう意識があるのでしょうか?」
(山中教授)
「本当にですね、私たち全員がふだん国というか社会に守られて生きています。
平和なときは気づかないですが、医療であったり、福祉であったり、学校であったり、いろいろなものに本当に守っていただいて(私も)研究もできているのですが、いま、このウィルスは一人ひとり個人に対する脅威でもありますが、それ以上に社会に対する脅威ですから、本当に強い危機感を持っていますのでなんとか貢献できないか。情報が来るたびに更新しています。

 山中教授はゆっくりした口調で一つひとつの言葉を選ぶようにして話した。

(山中教授)
「それくらいですね。刻一刻といろいろな情報が集まっていて、 きのうはこうだと思っていたことが、きょうは『えっ、違うんだ』と思うこともありますから、それはすぐに変えていかないと・・・いろいろな方がこういう情報を元に判断されると思うんですね。
そのときにいちばん、1分1秒でも最新の情報を提供することが大切だと思っています」
(ナレーション)
「山中さんはこれからのウィルスとの闘いについて、こう表現しています」
(桑子キャスター)
(ホームページの言葉を読み上げて)
「『新型コロナウィルスとの短距離走ではない。1年は続く可能性のある長いマラソン』なのだと。
この『長いマラソン』という表現をした心を教えてください」
(山中教授)
「いろいろな方がそれぞれのお仕事であるとか、やっぱり生活もかかっていますから、対策を考える必要があるんですが、そのときにこの闘いが1週間我慢したら終わるのか1か月で終わるのか1年かかるのかで対策は全然変わってくる」

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  2. 2

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  3. 3

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  4. 4

    海外流出防ぐ種苗法改正なぜ賛否

    ABEMA TIMES

  5. 5

    訪日外国人客と踊った店主たち

    ヒロ

  6. 6

    国別死者数に見るコロナの三極化

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  8. 8

    宣言解除なら東京はステップ1へ

    ABEMA TIMES

  9. 9

    自浄能力? 支持低下の内閣に注目

    早川忠孝

  10. 10

    元NHK記者が語る検察蜜月の事情

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。