記事

音楽業界の救世主となるか? コロナによって勢いを増すライブ配信事業

1/2
Shutterstock(ギター)、Getty Images(部屋とパソコン)

「完全にパンク状態です——会社を立ち上げて以来、ここまで注目を浴びた経験はありません」とかつては敬遠されていたライブ配信が勢いを増すなか、あるライブ配信事業会社の創設者は語る。

時間はかかったものの、新型コロナウイルスのパンデミックという苦境下でコンサートのライブ配信サービスはいま、ようやく真価を発揮する時を迎えているのかもしれない。大型音楽フェスや何百ものツアーとコンサートが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止になるなか、アーティストと彼らを支えるチームは前に進むための新しい方法をあの手この手で模索している。なぜなら、収入源が必要な人や金銭的に中止が難しい人に何もせずにじっとしている、という選択肢は存在しないからだ。そうしたいま、ライブ配信サービスという新興事業が注目を浴びている。

この数週間にわたり、いくつかのコンサートとライブイベント主催者は、大勢の観客の前でのパフォーマンスではなく、ライブ配信という手段を選んでいる。ジャクソン・ブラウン、ブラック・クロウズのクリスとリッチ・ロビンソン、レオン・ブリッジズなどのアーティストを迎え、今年で4回目となるチャリティコンサートLove Rocks NYCの主催者もライブ配信を選び、現地での参加者をメディア、アーティストのスタッフ・家族・友人に限定した。イギリスのシンガーソングライターのヤングブラッドはラッパーのマシン・ガン・ケリーと女優のベラ・ソーンをフィーチャーしたライブを23日にYouTubeで配信した。ロサンゼルスとニューヨーク・シティですべてのバーやナイトクラブといった飲食店の営業停止が打ち出されるなか、今後はミュージシャンたちがライブ配信というフォーマットに殺到するかもしれない。

「(新型コロナを)乗り越えられる唯一の解決策が私たちですから、当然ながら、私たちの事業への関心はかなり高いですね。ほんとうに、とんでもなくクレイジーな状況です」——サミー・ルービン氏、Big Room TV共同創設者
カメラクルーがいなくても会場から配信できることを謳うライブ配信事業者のBig Room TVは、ライブ配信への関心はすでに高まっていたものの、今回のパンデミックによってより多くの人がライブ配信のポテンシャルに注目するようになった、と指摘する。同社の共同創設者のひとりであるサミー・ルービン氏は、失われた収入源の穴埋めとして、無観客の会場でイベントを実施するクライアントのニーズに適応するため、従来のビジネスモデルをまったく新しいものに変更しなければならなかったと語る。

Big Room TVはいま、なんとかイベントを開催したいと願うクライアントからの電話対応に追われている。移動制限によってクライアントとの直接交渉もままならないなか、同社は解決策を見つけようと必死だ。「(新型コロナを)乗り越えられる唯一の解決策が私たちですから、当然ながら、私たちの事業への関心はかなり高いですね。ほんとうに、とんでもなくクレイジーな状況です」。

会場ベースのBig Room TVのビジネスは、決して順風満帆ではなかった。同社最大のパートナーであるニューヨークのジャズクラブ、ブルーノートが中国向けのライブ配信を実施するようになってから——中国で新型コロナウイルスの感染拡大がピークを迎え、北京と上海の2店舗が閉鎖されてしまったのだ——すでに数週間が経つ。しかし、ウイルスの感染スピードと経済への打撃、さらには15日にニューヨーク市長ビル・デブラシオが発表したバー、ナイトクラブ、レストランなどの営業禁止令により、ニューヨークのブルーノートのイベントとライブ配信も中止に追い込まれてしまった。

ブルーノートよりも新しいパートナーである米南部テキサス州オースティンのEmpire Control Room & Garageが毎年開催し、今年で10回目となるMusic Tech Mashupも新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止になった。それでも、Big Room TVのグロースディレクターを務めるジェシー・オルセン氏は、ライブ配信の需要は高いと語る。「(ライブ配信)はすでにトレンドでした」とオルセン氏は言う。「それが今回のコロナによってさらに加速したのです」。

音楽をライブ配信しているバーチャル・リアリティ(VR)プラットフォーム、Wave XRの創設者・CEOのアダム・アリーゴ氏も同じような現象に気付いている。「いまはほんとうに大変です。電話がずっと鳴り止まないのですから」とアリーゴ氏は言う。ライブ配信とVRを融合し、ビデオゲームのような没入型コンサートをオンラインで提供しているWave XRは、自らを「ライブ体験会社」だと考えている。

同社は独自のアバターを通じてユーザー同士が交流できるサービスを提供しており、エレクトロ・バイオリニストのリンジー・スターリングやギャランティスといったEDMユニットの配信イベントを手がけた。従来は受身的な配信という選択肢にはコンサートに参加するという社会的な側面が欠けているため、こうした差別化はファン体験に欠かせないとアリーゴ氏は語る。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    森氏発言に見えた「五輪難しい」

    文春オンライン

  3. 3

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

  4. 4

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  5. 5

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  6. 6

    中国で停電続く 対豪報復がアダ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  8. 8

    医療整備に腹くくれない首長たち

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    鼻マスク失格 秩序守った監督官

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。