記事

春名風花、ネットでの誹謗中傷被害との10年戦争を語る

1/2
ネットの誹謗中傷被害「10年戦争」を語る春名風花(撮影/菅井淳子)

2019年12月10日の公式ブログから抜粋。誹謗中傷と闘い続けて9年目。刑事告訴へと踏み切った当時の心境がよくわかる

女性芸能人のなかではネットの誹謗中傷で刑事告訴をした先駆者に。「発言力のある著名人こそ、訴え出れば社会への影響も大きいと思いました」(春名さん)。(撮影/菅井淳子)

春名さんのツイッターから一部を抜粋

春名さんのツイッターから一部を抜粋

 本誌・女性セブンでは今年2月、インターネット上の誹謗中傷事件に対し、それを許さないとした緊急特集を2回掲載し、反響を呼んだ。そのさなか、女優・春名風花(19才)が自らのSNSに、ネットの誹謗中傷被害に関する刑事告訴状の受け取りを警察から拒否されたと報告。一体何が起こったのか──真相を直撃したところ、ネット被害への社会の無理解が見えてきた。

【告白】春名風花が刑事告訴に踏み切った心境を綴った文章

◆殺害・爆破予告をされ 恐怖におびえる日々…

「はるかぜちゃん」の愛称で知られる春名風花(以下、春名さん)が、ネット上でいわれのない誹謗中傷を受け始めたのは、いまから10年前、わずか9才のときだ。

 ちょうどこの頃、社会問題に関する意見をツイッターに投稿し始め、その発言の鋭さから世間の注目を集めていた。春名さんのツイッターをフォローする人が増えると同時に、悪口などを書き込む “アンチファン”の存在も目立つようになる。

「そのなかには、誹謗中傷どころではない、ぼくへの殺害予告までありました。実家の住所も公表され、そのせいで、怖い思いもたくさんするように…。例えば、お風呂場の窓から、知らない人が手を入れてきたり、近所で、“きみの学校に春名風花さんっている?”などと聞き込みをする人も現れ、危険が迫っているのを感じました。あまりの恐怖に、家から一歩も出られない日々が続きました」(春名さん・以下同)

 こういった誹謗中傷を発端とした嫌がらせにより、仕事にも支障が出てきた。2016年に彼女の出演する舞台が公演される劇場や所属事務所に、爆破予告が投稿されたのだ。

 劇場は厳重警備をせざるを得なくなり、開演期間中は入口で手荷物検査を行い、私服警官に巡回してもらった。

「管轄の警察署の生活安全課には何度も相談に行き、被害届も出しました。でも、“ツイッターって何?”と言われ、取り合ってもらえませんでした。当時はSNSの事件が少なく対策も進んでいなかったんです。結局、実家の近所をパトロールはしていただけたものの、爆破予告犯について捜査してもらえることはありませんでした。警察も誰も助けてくれない…。この時期が本当につらかったですね」

◆解決には弁護士の力が必要だと実感

 警察が頼りにならないなら、弁護士に依頼しようと考えた。しかし、春名さんはまだ高校生。総額100万円以上かかるとされる弁護士費用など、すぐには用意できなかった。本業や学業の合間にアルバイトにも励んでコツコツとお金を貯め、ネット被害に詳しい弁護士を探しつつ、がまんの日々が続いた。しかしその間もツイッターは続けた。

「本心ではツイッターをやめたかった。でも、ぼくがやめればほかの声を上げられない人に被害がいくかもしれない。誹謗中傷する人はいつもターゲットを探していますから。それは防ぎたかった。それに、“自分の意見を言う”という姿勢は崩したくなかったんです」

 爆破予告などの件がニュースにあがるたび、「売名のための自作自演だろう」と、ますます誹謗中傷をする人が増え、その内容も悪質化していった。そしてついには、「彼女の両親自体が失敗作」など、身内や知人までをも侮辱する投稿が相次ぐように。これが春名さんはどうしても許せなかった。

「家族を侮辱した方が傷つくだろうとわかってやっているのが、本当に卑怯です」

 この件であらためて、誹謗中傷犯を特定することを心に決め、2018年10月、ついに弁護士に依頼した。

あわせて読みたい

「春名風花」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  3. 3

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  4. 4

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  5. 5

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  6. 6

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  7. 7

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  8. 8

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  9. 9

    コロナの影響はどの地方でも深刻

    大串博志

    04月12日 08:25

  10. 10

    コロナが紙の新聞部数に与えた影響

    島田範正

    04月12日 17:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。