記事

安倍首相、感染は瀬戸際と強調 経済対策「リーマン上回る」規模


[東京 28日 ロイター] - 安倍晋三首相は28日、新型コロナウイルスの感染拡大による日本経済の打撃を緩和するため、現金給付を含め、財政、金融、税制すべての政策を動員し、「リーマン・ショック時を上回る」規模の緊急経済対策を講じると表明した。今後10日程度で補正予算をとりまとめて国会に提出する考えを示した。

2020年度予算の成立を受けた同日の会見で、首相は感染拡大の状況について「ぎりぎり持ちこたえている」と述べ、緊急事態宣言を出す段階ではないとする一方、「瀬戸際の状況が続いている。気を緩めれば急拡大してもおかしくない」と危機感を強調した。

首相は感染拡大で商取引が縮小し、収益に大きな影響がでている企業への対策として、社員の雇用を確保することが重要だと指摘。4月から雇用調整助成金制度の助成率を中小企業は90%に、大企業は75%に引き上げると表明した。中小企業には「前例のない規模」で支援を提供するとした。民間金融機関でも、事業者に対して無利子の融資制度を整える。

また、対策には即効性が必要だとして、「日々の生活に不安を抱える人のために」現金給付を行うと表明。「ターゲットをある程度置いて、思い切った施策を打つべきだ」と語った。しかし、野党などから要求が出ている消費税率の引き下げについては否定した。

感染が抑制された際は、観光やイベント、運輸、外食などの分野で大規模な需要喚起策を講じ、経済のV字回復を図るとの考えも表明した。

新学期からの学校再開については、来週にも専門家会議で有識者の意見を聴く方針を示した。

年内に衆院解散・総選挙を行うかとの質問に対しては「衆院解散の考えは現時点ではない」と述べた。

首相会見後、西村経済再生相は記者団に対し、政府が検討している緊急経済対策について「財政支出、対策の規模も、リーマン・ショック時以上だと理解している。財務省ともしっかり調整をして検討する」と語った。

国内で新型コロナ感染者が増え続ける中、政府としての「緊急事態宣言」を出すかどうかについては、患者数の状況と海外での感染状況、海外からの輸入症例を見て判断したいとの考えを示した。

*内容を追加しました。

(浜田寛子※)

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  7. 7

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  9. 9

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  10. 10

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。