記事

「速やかな経済対策の策定と補正予算の編成を求める」 玉木代表

 玉木雄一郎代表は27日、参院本会議での2020年度予算成立を受けて、国会内で記者団の取材に応じた。

 玉木代表は、「わが国の喫緊の課題である新型コロナウイルス感染症に対応する予算が1円も入っていないので、我々としては組み替えを衆院で要求したが、政府与党に顧みられることがなく予算が成立してしまったことは大変残念。いま国民が抱えている窮状や不安にこたえる予算になっていないということで反対した。速やかに補正予算の編成に入ることを政府に求めて行きたい」と述べた。

 世界中で財政政策を含め、緊急経済対策が組まれていることに触れ、「GDPの1割程度、あるいはそれ以上の対策を打っている国がある中で、日本はスピートが遅い。対策の具体的な中身も出ていない。速やかに経済対策を策定することを強く政府に求めて行きたい」と語った。

 また、経済対策の実施時期について、「年度末を控えて税金、家賃、公共料金などの支払いがあるが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛要請により経済活動が停滞し、収入が入ってこない、売り上げが立たない人が続出している。そのような中で、本来であれば年度内に、困った個人や企業に対して必要な支援を届けるべきであったが、それが出来ていない」と政府の対応の遅れを批判した。

 その上で、「速やかに補正予算を編成して、緊急経済対策、とくに窮状に陥っている個人や企業を助ける資金を速やかに届けることが必要。1社も倒産させない、1人も首を切られない、自殺もないようにするために、速やかな対策を求めていきたい」と強調した。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  3. 3

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  4. 4

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  10. 10

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。