記事

【復興五輪と聖火リレー】1年延期でもなお双葉郡にくすぶる「五輪など要らぬ」の声。帳尻合わせの〝復興PR〟に高まる不信感

1/2

東京五輪の聖火リレーが行われるはずだった26日。スタート地点の「Jヴィレッジ」や常磐線沿線を巡った。そこには〝復興五輪〟では伝わらない原発事故後の「影」が広がっていた。聖火リレーが華々しく行われるはずだった街の現実を目の当たりにして改めて考えたい。そもそも、五輪開催と原発事故からの〝復興〟を結び付ける事に無理があったのではないか。〝復興五輪〟という壮大なゴールに向けた帳尻合わせで本当に良いのか。「オリンピックなんか要らない!」という叫び声をどう受け止めるかという課題を、一人一人が直視しよう。



【「きれいな場所だけ…北朝鮮と同じ」】

 確かに、五輪延期の直接の理由は「新型コロナウイルスの感染拡大」だ。だが、そもそも、五輪開催と「原発事故から立ち直った福島の姿を国内外に発信する」を結び付けて〝復興五輪〟などと称する事自体に無理があったのではないか。そう思わせる光景が眼前に次々と広がった。

 本来なら華々しく聖火リレーが行われるはずだった街に実在するもう一つの現実。それらを覆い隠して〝きれいな場所〟だけ聖火リレーして国内外の人に見せるのが〝復興五輪〟なのか。聖火リレーのグランドスタート地点だったJヴィレッジ(双葉郡楢葉町、広野町)で、ステージの撤去作業を見守っていた浪江町の女性(南相馬市内に避難中)は、こんな表現で疑問を投げかけていた。

 「もし今日、予定通りに聖火リレーが行われていたら、浪江は水素工場を走るはずでした。私、水素工場を実際に見に行ってみたんです。あれー何か違うなって感じました。せめてね、せめて聖火リレーをやるんであれば町役場周辺を走るべきですよね。でも、さら地だらけの町なかを映したく無かったのかな…。それじゃ北朝鮮が良い場面だけを放送するのと同じですよね。それが国の方針だから仕方ないのでしょう。それで良いのかって?良くないですよ」

 JR常磐線・大野駅(双葉郡大熊町)近くのバリケードでは、ガードマンの男性が「聖火リレーで〝復興〟をアピールすつもりだったんだろうけど、自由に行き来出来るのはほんのわずかですからね」と苦笑した。

 「もう9年も経っているし、家屋も相当傷んでいます。いくら政府が『復興復興』、『戻れ戻れ』と言ったって、こんな状態では戻らないですよ。常磐線だって全線再開した土曜日だけでしたね。あの日はカメラを手にした人が多かった。空間線量だって高いですよ、はっきり言って。これが現実です。コンビニ?あるわけないじゃないですか。昼飯持参ですよ」

 駅周辺を歩いていたのは私1人だった。











①JR常磐線・大野駅周辺もバリケードだらけ。コンビニや自販機など無い
②大野駅構内の空間線量は0・3μSv/hを上回っていた。これのどこが〝安全〟なのだろう?
③Jヴィレッジに掲示されていた高校生の想い。〝復興五輪〟の陰にこういう想いがある事を為政者は理解しているのだろうか
④JR常磐線・夜ノ森駅近くの「夜の森の桜並木」はバリケードの向こう側
⑤⑥富岡町でも家屋解体が進んでいる。町内に事務所を構えていたいわき市の男性は「来るたびに景色が変わる」と嘆いた

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  3. 3

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  4. 4

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  7. 7

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  8. 8

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

  10. 10

    藤井7段 最年少17歳で棋聖の凄さ

    大村綾人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。