記事

自殺した財務省職員の最期の言葉を、安倍首相はどう読むのか

田原総一朗です。

3月18日、「森友学園」をめぐる決裁文書改ざんに関わり、自殺した財務省近畿財務局職員赤木俊夫さんの妻が、国と佐川宣寿元国税庁長官を提訴した。
同時に発表された、赤木さんが残した手記の全文を読んだ。

文書の改ざんはすべて、佐川氏の指示だということがはっきり書かれている。
つまり、安倍首相の国会答弁に合わせるかたちで、佐川氏が強引に改ざんを部下に指示したのだ。
赤木さんは、手記の中で「財務省が国会等で真実に反する虚偽の答弁を貫いている」と強く批判している。

赤木さんは、長年勤務した同省の不正と、それに加担したことを悩みぬいて、自ら命を絶ったのだ。
たいへんまじめな、責任感の強い方だったのだろう。

佐川氏の責任は重く、とんでもない人間だと思わざるを得ない。
では、なぜ佐川氏が部下に公的な文書を改ざんさせるなどという、不正に走ったのか。

一言でいえば、官邸への、安倍首相への「忖度」である。

この「改ざん事件」では、佐川氏はじめ、数名の官僚が処分されたが、政治家は何も責任を取っていない。
佐川氏のしたことは許されるものではないが、そこには彼が「一官僚」として、やらざるを得ない事情があったはずだ。
その事情を野党とメディアは、もっと追求しなければならない。
2月に籠池夫妻は有罪判決を受けたが、森友問題はまだまったく終わっていない。

「最後は下部がしっぽを切られる。なんて世の中だ」
赤木さんが、最期に残した手書きの一文を安倍首相は、麻生財務大臣は、人間としてどう読むのか。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  4. 4

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  8. 8

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  9. 9

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  10. 10

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。