記事

法律で売れ残り品が「廃棄禁止」に ファッション大国フランスのサステナブル改革

1/3

良心的な価格で手に入る流行のTシャツ、ジャケット、ワンピース…。ファストファッション(短いサイクルで大量生産・販売するブランド)は、幅広い層の人にオシャレを楽しむ機会を与えてくれた。

しかし、その代償として環境への負担は大きい。今や、ファッション業界は第2の汚染産業だと言われている。さらに2000年以降、服の生産量は約2倍に増える一方で、私たちが着用する回数は減っているという――。

この悪循環を変革すべく、ファッションの都フランスで、循環型経済への移行が進んでいる。

フランス政府は法律で、売れ残りや在庫の廃棄を規制した。また、ファッションブランドやスタートアップも新たなビジネスモデルを打ち出し、サステナブル(持続可能)への意識が高い同国の消費者のニーズに応えている。現地で様子を探った。

売れ残りの服は廃棄禁止 寄付やリサイクルを義務付け

今年2月、「廃棄対策・循環型経済に関する法律」がフランスで公布された。これにより、売れ残りの商品や在庫の廃棄(埋め立て・焼却)は禁止となる。衣類、家電、化粧品、書籍などが対象で、分野ごとに2021年~2023末までに執行される予定だ。今後は製品を寄付、またはリサイクルすることが義務付けられる。

特にファッション業界に関しては、フランスでは年間60万トンの衣類の廃棄が出ている。37歳のブリュヌ・ポワルソン環境連帯移行副大臣は様々な取り組みを通し、「フランスを、持続可能なファッションの研究所にしたい」と意気込みを語っている。

フランスでは近年、企業による在庫品の廃棄が問題視されていた。なかでも特に、フランステレビ局M6のジャーナリストが潜入リポートとして、フランスのアマゾンの倉庫で新品のオムツやおもちゃなどが廃棄されている事実を報道し、国内で物議を醸した。

また、2018年には英ブランド「バーバリー」が、ブランド価値を保つために年間2860万ポンド(約38億円)分の売れ残り商品を処分していたことが明らかになり、環境保護団体などから激しく批判された。

さらに同年、フランス西部の都市ルーアンで、有名メンズ・ファッションブランド「セリオ」の店のゴミ箱から、カッターで切り裂かれた服が発見された。これに抗議をした女性のSNSへの投稿が、フランス国内に衝撃を与えた。

そんな、“売れ残り品”に最も頭を抱えるのが、新コレクション発表のサイクルが早いファストファッションだろう。2018年、H&Mでは43億USドル(約4765億円)相当の未販売の洋服やアクセサリーが倉庫に眠っていたという。

フランスで公布された廃棄禁止の法律により、これらファストファッション業界は、どのような影響を受けるのか。アンスティチュ・フランセ・ドゥ・ラ・モード(フランス・モード研究所)で、経済観測部長を務めるジダス・ミンヴィエィユ氏はこう述べる。

「実は、ファストファッションブランドが在庫品を破棄することは、一般的ではありません。そのため、この廃棄禁止の規制は、速やかに実践されるでしょう。なぜなら、廃棄するよりも、セール期間などにオンラインで大量に販売するからです」

また、国際放送ラジオ「フランスインター」によると、この法律が公布される以前から、ZARAは在庫品をリサイクル、もしくは慈善団体に寄付しているという。

あわせて読みたい

「SDGs」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  7. 7

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  8. 8

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  9. 9

    マスク配布の誤解生む残念な政府

    青山まさゆき

  10. 10

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。