記事

完全に後手。

アメリカの先週の失業手当て申請数が328万人(前週は28万人なので10倍以上)に達したと CNNが今報じている。GDPの低下も当然大きなものになっていくだろう。それが日本と無関係であるはずもない。

世界は急激に動いているが、新型肺炎対策で和牛商品券だの魚だの言っている政府の対応が歯がゆくてならない。

菅官房長官の「蔓延の恐れ高いが学校の再開に問題はない」との発言なども不可解の極み。大学が新学期の開始を遅らせたりオンライン授業に切り替えたりしているのと対照的だ。

はっきりと言える。政府は後手に回っている。今頃、イタリア、スペインからの入国禁止措置なんて言っているのだから。

それに今最も新規感染者が多いアメリカはなぜ入国制限(帰国後の14日間の待機措置)に止まっている?1日で1万人を越すペースで感染者数が増え、そのペースが更に加速していると言うのに。

そしてその手ぬるい措置すら予告を持って行われているので、発動前に続々と帰国者が相次ぎ、待機措置すら行われず、帰国者の方々の自主的隔離に期待するしかない状況。このままでは新たなる感染拡大源が生じるのはほぼ確実だろう(ただし、それは帰国者の方の責任ではなく、あくまで政府の責任であることを忘れてはならない)。

遅れているのはそれだけではない。感染者増大時に必要な、施設隔離・自宅隔離に関する法整備も検討されていない。

アメリカの現状に鑑み人工呼吸器などに必要な医療品確保が大丈夫かと厚労省に問い合わせても今後不足してくる可能性も考慮の上、国内在庫について情報交換中とスピード感に欠ける答え。

まだ間に合うかも知れない。最悪の事態に備えた準備を早急に行っていくべきだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  5. 5

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  7. 7

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  8. 8

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  9. 9

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  10. 10

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。