記事

新型コロナでTV界に広がる「無観客」、“仕出し屋”に影響も

『ミュージックステーション』も無観客に(HPより)

 新型コロナウイルスの感染拡大は大きな波紋を広げている。テレビ業界も“コロナショック”でさまざまな影響が出ている。各テレビ局を出入りする制作会社プロデューサーのA氏が現場をリポートする。

 * * *
 3月24日の夜、「志村けん、新型コロナウイルス陽性で入院中」とのニュースがマスコミを駆け巡り、テレビ局内にも緊張が走った。志村が発熱や咳ではなく、激しい倦怠感をおぼえたのは17日のこと。自分の体に誰かが覆いかぶさっているかのような重たさを感じた…という話も入ってきた。

 ワイドショーもニュース番組も「コロナ一色」となった、ここ数週間、タレントたちの間でよく聞かれた会話は「まだ芸能界では、一人もかかっていないよね」「誰が最初にかかるかね」などというもの。対岸の火事とは言わないまでも、新型コロナウイルス感染拡大をどこまで身近に捉えていたかというと少々疑問だった。 

 だが、日本テレビやフジテレビでレギュラーをもつ志村が「陽性」となり、一部では重篤とも報道され、「手洗い、うがい、マスク、消毒」を、より徹底しなければならないとタレントも局員も気持ちを改めて引き締める“きっかけ”になったことは間違いない。

 それより前は、テレワークに切り替える企業が増えたり、学校が休みになったことにより「在宅率が上がったので、番組視聴率が上がっている」「エンタメ業界の中でも、テレビ局はそれほど影響は受けていない」とも言われていたのである。

◆医療現場を取材するリスクも

 とはいえ、朝から晩まで、生ワイドやニュースはコロナ一色。白鴎大学教授の岡田晴恵氏を筆頭に、専門家は争奪戦といっていいし、最新情報をどうしたらわかりやすく視聴者に伝えられるか、スタッフもキャスターもコメンテーターも、全く気を抜けない状態だ。

 そんな中、フジテレビが『直撃LIVEグッディ!』と『Live News It!』 の間に『ONE PIACE』を放送している。在京キー局でこの時間帯にアニメを放送しているのはフジテレビだけだ。『週刊フジテレビ批評』で「昼間に子供向けの番組を放送してほしい」との視聴者からの投書を紹介した2日後の英断だった。

 視聴率が少々上がったとはいえ、喜んでいるテレビ局員はいるまい。たとえば報道番組スタッフは、病院や医療関係者に取材をする日々なので、知らぬ間に感染するかもしれないリスクに怯えている。その代わり「テレビ局内で、もっともマスクを豊富にストックしているのは報道局だ」とも聞く。

 一般の方同様、手洗い、うがいの励行は当たり前だし、出入り口や各フロアのエレベーター前などに何本ものポンプ式消毒液が置かれていて、素通りなどしようものなら警備員が追いかけてきて使用するように注意される。

 スタッフのマスク着用はもちろん、テレビ局によっては出演者もスタジオに入る直前までマスクを着用するように言われ、スタジオ前で検温を実施しているところも。ヒナ壇にタレントをギューギュー詰めに座らせる番組も、演出方法を急ぎ、考えているところだ。

 なかでも、タレントや新ドラマのキャストらが、まさにギューギュー詰めに座らされたり、休憩時間に出演者が揃って豪華ケータリングを頬張ることで知られるTBSの期首特番、『オールスター感謝祭』は、島崎和歌子、今田耕司のMCはそのままに、4月4日「超特別版」として生放送することが発表された。目玉の「赤坂5丁目ミニマラソン」も、「赤坂では行わない」そうだ。

◆「R-1」「Mステ」も無観客に

 3月8日に行われた『R-1ぐらんぷり2020』(フジテレビ系)が「無観客」となったことは大きなニュースになったものだが、アーティストのファンクラブから観客を募ることも多い『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)も早々に無観客となっている。

 また、これまで観客を入れていたバラエティー番組の多くも3週間ほど前の収録から一斉に無観客になっているし、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)のように、どこから見ても“素人”ではない大勢の美女を出演者が背負うスタイルの番組では、彼女たちを仕切っている会社に影響が出ていると聞く。揃いの赤いコスチュームに身を包んでいる彼女たちだけではない。一般にはあまり知られていないだろうが、実は多くのバラエティー番組が、客集めや客の仕切りを専門業者に依頼しているのだ。いわゆる仕出し屋だ。

 こうした業務は、番組内容の「リサーチ」を担当している会社が兼務している場合もあれば、“仕出し”専門の会社もあって、当然、後者の経営は苦しくなってきている。

 番組の中身としては、グルメ番組や旅番組に大きな影響が出て来ている。「春休み中は特に数字をもっている」と言われるホテルやレストランの“バイキング(ビュッフェ)特集”や「困ったときの横浜中華街特集」「テーマパーク特集」なども、「いまはやれない」という結論に。夕方のニュース番組にほぼ毎日入っているグルメ特集も、別の生活情報に差し替わっている。もちろん、温泉宿や海外旅行などもNG。いわゆる“街ぶら”番組は早々に「総集編」に切り替わっているが、いつまで、それで持ちこたえられるか。電車で移動するシーンはカットされているし、ワイドショーで「数字をもっている」と言われて久しい長尺の街頭インタビューなども「控える」方向だ。

 こうした情報系番組や旅番組などには専門のリサーチャーやコーディネーターがいるものだが、彼らも仕事を失っている。

 視聴率上昇を喜んだのも束の間、終わりが見えずつらいのは結局テレビ局も同じなのである。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  4. 4

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  6. 6

    児童レイプめぐる米国のダブスタ

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    次期首相の資質に「もらい泣き」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    新型コロナで勝ち組になった企業

    ヒロ

  9. 9

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  10. 10

    政府は医療従事者を守る気あるか

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。