記事

米フォード、北米一部工場を4月に再開 手元流動性確保へ


[デトロイト 26日 ロイター] - 米自動車大手フォード・モーター<F.N>は26日、手元流動性確保に向けた措置の一環として、新型コロナウイルスの感染拡大を受け操業を停止している北米の一部工場を4月6日にも再開すると発表した。幹部の給与削減なども実施する。

ジム・ハケット最高経営責任者(CEO)は26日朝に送付した社員宛ての電子メールで「大規模で幅広い措置を打ち出した。新型ウイルスの感染拡大による影響をフォードが乗り切るために十分な財政的な柔軟性が得られることを望んでいる」とした。

フォードは流動性確保に向けた措置の一環として、主要工場の稼働を再開し、フルサイズピックアップトラック「F─150」のほか、SUV(スポーツ用多目的車)などを製造する。

このほか、約300人の幹部の給与を5月1日から少なくとも5カ月間にわたり20─50%削減する。ハケットCEO自身は50%削減。フォードは新型ウイルスによる危機的な状況の中でのレイオフ実施を避けることを目標としているが、予想を超える深刻な影響を受けた場合は方針を変えざるを得なくなる恐れがあると述べた。

米国ではゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>とフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA))<FCHA.MI><FCAU.N>もこれまでに今月30日までの北米の操業停止を発表。その後については状況を検証するとしていた。

GMの広報担当者は「状況は流動的で、現時点では稼働再開の日程は決まっていない」と述べた。FCAの広報担当者は、情勢を見極めているとしている。

このほか、ホンダ<7267.T>はこの日、米国とカナダの工場の操業停止を4月6日まで延長すると明らかにした。その後は再開するとしている。操業停止の期限は従来は3月30日だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。