記事

Facebookページの日米比較、ファン数が少ないがユーザー反応率の高い日本企業ページ

企業/ブランドのFacebookページが、日本でも増えてきた。そのFacebookページの評価指標として、ファン数(「いいね!」と言った人数)が表示されているが、10月から新たに「話題にした人数(“People Talking About This”)」の指標が加わった。

 新しい指標の「話題にした人数(“People Talking About This”)」は、Facebookページに対して過去7日間に以下の項目のアクションをとった人数である。アクティブなファン数とも言える。
• Liked your Page
• Liked, commented on, or shared your Page post
• Answered a Question you’ve asked
• Responded to your event
• Mentioned your Page
• Tagged your Page in a photo
• Checked in or recommended your Place


 そこで、日米の代表的なFacebookページについて、評価指標を比較してみた。米国ページのデータはSimply Zestyを、日本ページのデータはfacenaviを引用した。ただし、人気の高い米国ページの場合、グローバル(世界)を対象にしているが,ウォールなどの投稿はほとんどが英語であり米国ユーザーが中心であろう。

 ファン数の多いFacebookページ・ランキングを見ていこう。最初に米国企業/ブランドのランキングを、その次に日本企業/ブランドのランキングを掲げる。

*米国企業/ブランドのFacebookページ・ランキング(ファン数の多い順)
リンク先を見る

*日本企業/ブランドのFacebookページ・ランキング(ファン数の多い順)
リンク先を見る

 ともかく、人気米国企業ページのファン数が1000万人台とけた違いに多い。日本企業ページに比べ2桁くらい差が生じている。米国のFacebookユーザー数が後発の日本に比べ圧倒的に多いためであるが、グローバル市場を対象にしていることも大きい。ファン数が多いと、そのFacebookページを話題にするユーザーも多くなるはず。ファン数で2桁も差が付いていると、話題にしてくれるユーザー数も米国企業ページが桁違いに多くなるのは当然である。

 ただし、企業ページのファンの中で話題にしてくれている人数の割合(Percentage “Talking About)”は、おもしろいことに日本企業のFacebookページのほうがかなり高い。米国企業ページでは、話題にした人数の割合の高いトップクラスの企業でも、その割合は1.45%で、1%に満たない米国企業ページも少なくない。

 米国企業のFacebookページはグローバル市場を相手にしている場合、ターゲットが拡散するためアクティブなファンの割合がどうしても低くなるのだろう。そこで米国企業は、グローバル市場向けとは別に、ローカル向けのFacebookページを設けたりしている。またfacenaviの調査によると、一般にFacebookページのファン数が増えていくと、話題にした人数の割合が低くなっていく傾向があるという。グローバル市場で話題にしてくれるアクティブな人数を多く確保するには、やはり数打てば当たる方式でファン数をできる限り増やしていく必要があるのかもしれない。


 最後に、「話題にした人数(“People Talking About This”)」の多かった企業ページの例を示す。最初はCoca-ColaのFacebookページである。グローバル市場向けのページである。またローカルな日本向けのコカ・コーラ パーク ファンページ Coca-Cola Park Fan Pageでは、ファン数が105,788人で、話題にした人数が3898人で、その割合は3.7%であった(グローバル向けは1.31%)。

リンク先を見る


 もう一つの例は、日本企業ページで最も話題にする人数が多く、その割合も際立って高いJAPAN AIRLINESのFacebookページ である。先ほどページを覗くと、ファン数が155,172人であるが、過去7日間で話題にした人数が16,869人と、10.9%もの高い割合を実現していた。ウォールに掲載されているJAL従業員の投稿が熱がこもっており、ファンからの反応が高いのもうなずける。

リンク先を見る


◇参考
Facebook ‘Talking About’ Deconstructed. How Are The Top Brands Performing?(Simply Zesty)
Facebook 企業/ブランド 日本語公式ページ ベスト100(facenavi)
Facebookページの新効果指標「話題にした人」調査データ 話題にした人数と割合(facenavi)
Facebook Page Insights(Facebook)

トピックス

ランキング

  1. 1

    体操内村の偽陽性報道 医師異論

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  6. 6

    橋下氏「毎日新聞は公選法違反」

    橋下徹

  7. 7

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  8. 8

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  9. 9

    今年も渋ハロ 目だった鬼滅コス

    文春オンライン

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。