記事

『100日後に死ぬワニ』へのモヤモヤを研究者が分析「ファンは『人工芝なのでは』と怒った」- 渡部 宏樹

1/2

*以下の記事では、4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』の内容と結末が述べられていますのでご注意ください。

【画像】反感を買った、ロフトのショップを宣伝する絵柄

 漫画家のきくちゆうきがツイッター上で昨年12月から3月にかけて『100日後に死ぬワニ』という4コマ漫画を連載した。この作品はネット上では大きな話題となり、ファンたちは日々ワニの日常生活を垣間見つつ、100日目に何が起きるのかを固唾を飲んで見守った。

 しかし、ワニの死に様が明らかになった連載最終回と同時に複数の営利企業とのコラボレーションが発表され、ファンの間には批判と擁護が巻き起こった。あまりにも性急なコラボに潜む商業主義を批判する者もいれば、作者が自身の作品から対価を得るのは当然だと擁護する者もいた。

『100日後に死ぬワニ 完結記念サイト』より

従順な消費者とは違う「ファン」という存在

 この議論はどちらか一方だけが正しく他方が間違っているという種類のものでは無い。『100日後に死ぬワニ』に関して巻き起こった毀誉褒貶はファンという現象について考える良い材料である。

 ファンとは何だろうか? ある作品のファンであることは、単純にその作品の関連商品ならなんでも購入する従順な消費者であることとイコールではない。ファンは時に作品に強い愛着をもち、彼らが作品の本質的な価値と考えるものを作品の作り手や権利保持者が毀損していると考えれば彼らと戦うことすらある。

 だからこそ、商業メディアや営利企業にとって、非営利的な作品への愛着を持つファンとのコミュニケーションは一筋縄ではいかない。私は資本主義社会における文化や芸術についてその受け手側に注目して研究をしているが、今回はファン研究の第一人者の一人であるヘンリー・ジェンキンスの議論を参照して、『100日後に死ぬワニ』騒動を分析してみたい。

ファンは「価値の門番」である

『100日後に死ぬワニ』ファンたちのコラボ発表への反発は、この作品の中身を考えれば十分に理解できる。自分が死ぬことを知らないワニが送る日常生活をファンたちはツイッター上で毎日目撃し、ついに100日目にワニが交通事故で死ぬ。

 生のはかなさをテーマにしていながら、作品の終了直後に登場キャラクターをモチーフにしたグッズがさまざまな企業から発表されるというのは確かに作品の余韻を削ぐ。

 ジェンキンスによれば、ファンは作品の価値の門番の役割を果たす。作り手があるコンテンツを発表した時に、ファンたちは何でも受け入れるのではなく愛好するコンテンツの根源的な価値に照らし合わせて評価し、時には作り手さえも批判する。これは、アップル社が新製品を発表するたびに、「ジョブズはこんなものを認めないだろう」という反応が出てくることを考えれば理解しやすいだろう。

『100日後に死ぬワニ』で言えば、友人の事故死が作品製作の動機であると作者自身が語っていることからも明らかなように、「メメント・モリ(死を思え)」というメッセージが作品の核にある。だからこそ、作品とそのキャラクターに強い愛着をもったファンたちは死を商品化するような行為に拒絶反応を示したのだ。

毎日決まった時間に更新、日常に侵入するしかけ

 架空のキャラクターに強い愛着を持つファンたちを単純にナイーブだと考えてはいけない。『100日後に死ぬワニ』という作品はツイッターというメディアの特性を活かして、意識的にファンたちとの間に強い情緒的なつながりを作り出しているからだ。

『100日後に死ぬワニ』は毎日決まった時間に更新され、ファンはこの作品を日々目にする。目に触れる時間の多さが親近感や信頼の醸成に貢献することは、街中に溢れる広告の多さを見れば明白だ。作品が描く平凡な日常生活が私たちの現実の時間と同期していることも重要だ。私たちがクリスマスや大晦日を経験する時に、作中の動物のキャラクターたちもクリスマス・ケーキを売り除夜の鐘を聞く。

『100日後に死ぬワニ』はファンの日常に侵入し、あたかもこの動物たちが友達であるかのような感覚を作り出す。友達を見ているような感覚がファンを作品に惹きつける力となっているのだから、友達の死の追悼を販促イベントにしてしまえば怒りを買うのも当然なのだ。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  3. 3

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  10. 10

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。