記事

強いものではなく「変節」するものが生き残る


<お知らせ>【登録者数1200名突破!】2020年2月から、ブログの内容をユーチューブ動画でも解説しています。「内藤忍チャンネル」にチャンネル登録をすれば、毎日見逃すことなく動画でもご覧いただけます。是非ご登録ください。

東京のコロナウイルスによる経済的影響は、宿泊施設や飲食店にジワジワと効いてきています。週末の銀座のイタリアンの店内は、閉店しているのではないかと勘違いするくらいガラガラの貸切状態でした(写真)。

ダーウィンは「強いものが生き残るのではなく、環境に適応するものが生き残る」と言ったそうですが、今こそこの言葉の意味を噛みしめ、それを具体的な行動に反映させるべきではないでしょうか。

例えば、同じ飲食店であっても、団体客や法人利用が中心で常連のお客様がいないお店は大苦戦しています。しかし、少人数のグループや常連のお客様をターゲットにしたお店は比較的健闘しています。また、元々予約が取れない人気店などでは、逆にキャンセル狙いの人たちが押し寄せて、相変わらずの満席状態が続いているそうです。

もしこの状況が続くと考えるのであれば、環境の変化に対応しなければ生き残ることはできません。

フランチャイズのチェーン店は方向転換が難しいと思いますが、個人経営のお店であれば、工夫できることはいくらでもあると思います。

資産運用の世界も同様です。リーマンショックを経験し、株式投資のリスクと債券金利の低下を認識したことから、私は自分の資産を不動産を始めとする実物資産にシフトさせました。今では、金融資産の比率は20%以下になっています(インデックスファンドの積立は続けています)。

その動きを見て、一部の熱狂的なファン(笑)からは「内藤忍はなぜ変節したのか」と批判を浴びました。しかし、もし変節していなければ、今どうなっていたかと思うとゾッとします。

もちろん時代が変わっても変える必要のないことも存在します。しかし、過去のしがらみにとらわれて変化に対応できず衰退していくなら、良い「変節」を繰り返すことでサバイブしていく方が、ずっと賢明です。

株式投資で損失を出して、これから変節したいと思っている人は、4月開催されるこちら(4月15日開催)かこちら(4月20日開催)のセミナーにお越しください。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年3月26日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  4. 4

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  5. 5

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  6. 6

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  7. 7

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  10. 10

    なぜリベラリズムは生き残るのか

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。