記事

これならコロナも感染しない「中国の無人ビジネス」最新事情

1/2

中国で「無人ボックス」を活用した新ビジネスが広がっている。ノンフィクションライターの西谷格氏は「休憩やカラオケ、フィットネスなどを時間単位で空間を借りられる。駅や商業施設にあり、エンタメに特化したボックスが人気だ」――。

※本稿は 西谷格『ルポ デジタルチャイナ体験記』(PHPビジネス新書)を再編集しています。

中国で次々と誕生する「無人●●」

スマートフォンとキャッシュレス決済が普及すると、自分だけの“スペース”を時間単位で簡単に借りることが可能になる。言い換えると、「無人ボックス」のようなものが身近に利用できるようになるのだ。

ボックスのドアをスマホで開閉し、何らかのサービスを享受したうえで、料金をキャッシュレスで支払う。すべて無人なので、人件費は一切かからない。

こうした無人ボックスから派生したビジネスが、中国では次々と誕生している。とくにエンターテイメントに特化したものが人気のようだ。駅やショッピングセンターのデッドスペースを有効活用できるので、自動販売機の延長と考えてもいいだろう。

自動販売機でさまざまなものを売れるのと同様、無人ボックスは多様なサービスを提供している。本章では、その象徴的なサービスをいくつか紹介していく。

15分300円、大型商業施設の「休憩ボックス」

アリババが運営する杭州のショッピングモール「親橙里(チンチェンリー)」の一角で、3メートル四方ほどの小屋のようなボックスを発見した。「共享空間(ゴンシェンコンジェン)」と書いてあり、これがサービス名のようだ。

『ルポ デジタルチャイナ体験記』より
『ルポ デジタルチャイナ体験記』より

ヨガをする女性の写真が大きく貼られていたのでフィットネスマシンか何かと思ったが、そうではなく、休憩用の個室空間だった。ヨガ教室の広告ポスターが前面に出すぎていて、少々わかりにくい。ともあれ、使ってみよう。

小さく貼られていた説明を読むと、料金は15分9元(144円)。日本との物価の差
を考えると、15分300円ぐらいの感覚だ。

さっそく、アリペイでQRコードを読み取り、ボックスに手書きで書かれた番号を入力。「いますぐロック解除」をクリックすると、ガチャリと解錠音が聞こえた。

扉を開けてなかに入ると、カラオケボックスやネットカフェの個室のような空間で、ソファやテレビ、小型テーブル、クッション、サッカーボールなどの小物が置かれていた。

扉を閉めると再びガチャリと音がして、施錠された。

完全に閉じ込められてしまったが、出たいときにはスマホで操作して料金を支払い、カギを開ける仕組みになっている(万が一、室内でスマホが壊れた時は、どうするのだろう)。

室内には小さな窓はあるものの、ブラインドを下げれば外からは見えない。マジックミラーのような構造になっているので、内側からは外の様子がはっきりと見える。

通行人が見える場所でくつろぐのは、少し気まずい気分にもなった。はたして、こんな空間でくつろげるのだろうか。

「エロいことでもしてるんじゃない?」

個室に入ってしばらくすると、中学生ぐらいの男子グループが興味深そうにボックスに接近。臆面もなくブラインドの隙間に顔を近づけ、こちらの様子を覗き込んできた。

「中に人がいる!」
「何やってるんだろ?」
「エロいことでもしてるんじゃない?」

中学生らしい品のない会話が聞こえてきた。外部から遮断された個室空間では、いかがわしい行為をする人がいるのでは? という懸念は確かにある。だが、室内にはしっかりと監視カメラが設置され、不適切な行為がないかどうか見張られている。

そう考えると、なんだか落ち着かない気分になる。室内の壁には、警察官のイラストとともに、こんな注意書きもあった。

「わいせつ、賭博、薬物使用などの行為は一切禁止です」
「たばこ厳禁。違反すると警報音が鳴ります」
「危険物、燃えやすいもの、爆発物の持ち込み禁止」
「室内の設備を破壊しないこと」
「これらの行為が発覚した場合、事実確認の上、警察機関へ連絡し厳格に処理します」

監視カメラで撮られていれば、さすがにルールを守る人がほとんどだろう。ソファは少々ホコリっぽかったが、ゆったりできてかなり快適。靴を脱いで横になると、仮眠を取ることもできそうだった。

空港や駅、病院、大学などにも設置を想定

買い物中に一休みしたいとき、カフェでは物足りない時がある。家のソファのようにダラダラとくつろぎたければ、ネットカフェを利用する手もあるが、「わざわざ感」があって面倒。そんなとき、手頃な値段でこうした空間が利用できるなら有難い。食事や着替えなど、用途は幅広い。

テーブルの上に休憩ボックスを運営する会社のパンフレットが置かれていたので、読んでみた。

ボックスはショッピングモールのほか、空港や駅、病院、大学などに設置することを想定しているという。設置希望者を4万元(64万円)で募集していたが、広告収入もあるため、最短3カ月で元が取れるとうたっていた。

30分ほどゴロ寝をして、スマホで料金を支払い外に出た。昼寝スペースとしては、かなりいいかもしれない。

窓があると「覗かれているかも」と落ち着かないので、足元だけ見えるようにするなど改善の余地はありそうだが、日本にもあれば、ぜひとも利用したい。

すでに日本でもターミナル駅などで昼寝ができるスペースが設置されているので、受け入れられる余地はありそうだ。もっとも、監視カメラで常に見られているというのは、慣れが必要かもしれないが。

なんと無料、ユニセフも視察した「授乳用個室」

前述の「個室休憩ボックス」によく似たサービスを、杭州東駅の構内で発見した。授乳用個室、その名も「移動母嬰室(イードンムーインシー) mamain」。

『ルポ デジタルチャイナ体験記』より
『ルポ デジタルチャイナ体験記』より

ウィーチャットでQRコードを読み取るだけで解錠でき、すぐに使用できる。料金は、なんと無料だ。

室内にはテレビモニターが設置されており、子育て関連の広告を流している。この広告費のおかげで、無料でサービスを提供できるわけだ。

2019年2月にはユニセフ(国際連合児童基金)も視察に来たというから、かなり先進的なサービスなのだろう。と思いきや、日本でも同様のサービス「mamaro(ママロ)」が2017年7月に運営を開始している。

中国の授乳室は同年10月に始まったので、日本のほうが先だった。とはいえ、設置台数は日本の約140台に対し、中国は倍の約300台。

駅や公共施設におけるベビールーム不足は日本同様、中国でも課題となっている。子育て世代からの支持を受けて、急速に普及しているようだ。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  7. 7

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。