記事

やっぱり消費税は減税を

 今日は北海道旅行業協会へ。今の状況が6月まで続けば観光消費額は約3680億円の減少(道試算)で、この窮状を何とかしなければとの思いは同じです。一昨年の胆振東部地震における観光消費の減少額は約300億円でしたので、実に10倍以上!という衝撃度です。

 佐藤達雄会長は「とにかく資金のやりくりが大変です」と第一声。影響を聞くアンケートにも「学校関係の合宿や大勢のイベントなどは軒並みキャンセル」「お客様からキャンセル料金が取れない」「旅行更新を迎える会社にとっては資産確保をするのが厳しい」などの声があふれています。



 「旅行更新」とは、旅行業者が5年に1度の更新登録をおこなうことを指しています。急激な経営悪化のために、基準資産の要件が満たせない恐れがあるのです。こういう1つ1つに応えることが大事だし、緊急融資とともに、当面の経営維持へできることは急ぐ必要があります。

 学校の修学旅行など、公的機関でおこなう旅行の延期や中止も痛手です。感染を防ぎ命を守ることは最優先ですが、終息時も含めて、こういう分野での需要創出も考えていく必要があります。それができない環境が続くなら、思い切って固定費など補償していくべきと思いました。融資を受けるにも見通しがないと返せなく、借りる決断ができないからです。

 そして消費税は減税を。佐藤会長は「国の財政のこともあるし」と前置きされつつも、消費税について触れる場面もありました。これは日本共産党が思い切って主張していくべきところ。「観光業界が守られるように、私も力をあわせます」と述べました。

 夜は党道委員会による「TALK LIVE」で、学校休校をテーマに柳憲一さん(北海道子どもセンター)と語り合いました。大人の不安もそうですが、子どもたちの生の声や思いを受け止めることが大事ではと話になりました。

 学校の先生たちも前例のない3月を過ごし、子どもたちと学校で会える日を待っています。こういう状況をきっかけに、保護者と学校と地域との距離が縮まることになればとも思うのです。今日の様子はこちらで見ることができますので、ぜひ一度ご覧ください。

 【今日の句】もやもやを 飛ばせる旅が できるよに

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  7. 7

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  8. 8

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  9. 9

    マスク配布の誤解生む残念な政府

    青山まさゆき

  10. 10

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。