記事

トランプ支持率急上昇のなぜ

2/2

トランプ大統領支持がなぜ、この時点で高まったのかについての第二の理由は、アメリカでの国家の重大な危機には国民が一致団結する歴史的な傾向である。

私自身の体験でも2001年9月のイスラム過激派、アルカーイダによるアメリカに対する同時多発のテロ攻撃の際には、明らかにアメリカ国民は超党派で断固たる一致団結をみせた。時の大統領の下での団結だった。

このテロの際の大統領は二代目のジョージ・ブッシュ氏だった。ブッシュ大統領に対しては就任当初から批判や抗議が多かった。ブッシュ氏がその前年の2000年11月の大統領選挙で民主党候補のアル・ゴア元副大統領と稀なほどの大接戦となって、得票の計算だけでは結論が出ず、最高裁判所の判断を仰いでやっと勝者と判定されたからだった。民主党側はブッシュ大統領の正当性をなかなか認めなかったわけだ。

ところがブッシュ大統領就任から7ヶ月余りで起きたテロ攻撃でアメリカ国民数千人が一気に殺されると、その反撃には国民も野党も大統領の下で固い結束をみせたのだった。一部の世論調査ではブッシュ大統領への支持率は数週間で30ポイントも高くなった

ギャロップ社の世論分析専門家のジェフリー・ジョーンズ氏も「アメリカでは国家の危機となると、現職大統領の支持率が高くなることは歴史的なパターンであり、最もわかりやすい例は第二次世界大戦発生時でのフランクリン・ルーズベルト大統領への驚異的な国民の支持の高まりだった」と述べていた。

とはいえ、肝心のアメリカ国内でのコロナウイルス感染の拡大はまだ止まる兆しをみせていない。トランプ大統領の対策の真価が問われるのはこれからである。

だが今回のギャロップ社の世論調査結果はトランプ大統領の政敵の民主党大統領候補たちや民主党支持の大手メディアだけでなく、トランプ陣営自体をも驚かせたようだった

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  4. 4

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  5. 5

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  6. 6

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  9. 9

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。