記事

物言う株主? 金銭教育家? 「生涯投資家」村上世彰がいま考えていること 「業界の再編にはお役に立ちたいと思っています」 - 「文藝春秋電子書籍」編集部

 旧村上ファンド系投資会社の動きが活発だ。「レオパレス21」や「東芝機械」などの株を大量取得し、株主価値の向上を求めて、株主提案を積極的に行っている。まるで2000年代前半に「物言う株主」として日本経済を席巻し、一世を風靡した村上ファンドが復活したかのようだ。一方で村上財団を設立し、中高生向けの金銭教育に力を注いでいる。その様子はNHK「ザ・ヒューマン」でも紹介された。いま、村上世彰氏は何を考えているのか? 渦中の「生涯投資家」に話を聞いた。


N高投資部の報告会で1年間の投資教育を振り返る村上氏

N高投資部の特別顧問を務める

「高校生とかそういうことじゃなく、投資である以上、勝ってほしかった」
 
 3月6日、「N高投資部」の初年度の報告会が開かれた。N高投資部は、インターネット教育で知られるN高等学校の課外活動のひとつ。実際の株式投資を通して“生きた金銭教育”を提供することを目的に、村上財団のバックアップによって昨年、設立された。

 44名の部員に対して一人20万円を財団が提供し、実際に株取引を体験してもらう。損失が出ても本人負担は一切なし。村上氏は特別顧問として4回にわたり講義をし、個別面談やレポート審査も行うという力の入れようだった。この日は、その1年間の活動報告会。合計すると1430万円の投資に対し、1243万円のリターン。13%ほどの元本割れとなった。

 冒頭の発言は、司会者が「高校生としてこの成績はどうです?」と訊ねたのに対し、村上氏が答えたもの。その決然とした口調には、企業に対して厳しい態度で経営の改革を迫った、往時の面影を彷彿とさせるものがあった。

日本で初めて敵対的TOBを仕掛ける

 村上氏のインタビューを紹介する前に、ここ数年の株取引を巡る動向と、村上氏との関わりをスケッチしておこう。最近の経済ニュースで、敵対的TOB(株式公開買い付け)という言葉を頻繁に耳にするようになった。企業買収を巡って、買われる側の会社の経営陣が同意しないなかで、その会社の株式を買い集めることだ。

  2019年、大手商社の「伊藤忠」がスポーツ用品大手の「デサント」に敵対的TOBを仕掛け、成功している。最近では、旅行大手の「エイチ・アイ・エス」が不動産業の「ユニゾホールディングス」が反対するなかで、ユニゾの株を買い増そうとして話題になった。

   敵対的TOBを日本で初めて行ったのが、実は村上氏率いる村上ファンドだった。2000年、「昭栄」に対し、敵対的TOBを敢行。他の大株主の反対もあって不成立となったが、株主が経営者を監視する「コーポレート・ガバナンス」を日本で初めて提起した出来事だった。

   しかし2006年、村上氏はインサイダー情報をもとにニッポン放送株を買い付けた証券取引法違反の疑いで東京地検に逮捕、起訴される。村上氏はファンドを解散し、個人の投資家とて活動の拠点をシンガポールに移してしまう。村上ファンドに続く、アクティビスト(=物言う株主)の活動も、その後の日本では根付くことはなかった――。

国がコーポレート・ガバナンスを推進

   ここへきて敵対的TOBが盛んになった背景には、2015年に金融庁と東京証券取引所が導入したコーポレートガバナンス・コードの存在がある。株主のために、企業の価値を向上させることを指針として設立された。これにより、企業買収を避けるために親しい会社同士が互いに株式を持ち合うという、日本的慣習が続けにくくなったのだ。

   まさに従来からの村上氏の主張を、日本の金融界が追認した格好だ。そのため、近年になって海外のアクティビストによる、日本企業をターゲットにした動きが激しさを増している。市場での評価が低い企業に投資して経営改革を要求、株価の上昇を狙っているのだ。

「村上ファンド」が完全復活!?

    一連の動きと呼応するかのように、村上氏が関与する投資会社の動きも活発化している。その一角である投資会社「レノ」は、施工不良問題で揺れる不動産業「レオパレス21」の経営権を巡り、レオパレス側の全役員解任の株主提案を一時要求した。

    現在、熱を帯びているのが、工作機械メーカー「東芝機械」を巡る争いだ。村上氏関連の投資会社「シティインデックスイレブンス」が1月にTOBを開始。同社株を44%まで買い増す方針だ。東芝機械は、親会社だった東芝へのニューフレアテクノロジー株の売却によって、現金が200億あまり増える見通しだ。こうした余剰資産の株主への還元などを求めている。

 TOBの通告を受けて東芝機械側は、他の株主だけが行使できる新株予約権を割り当てる買収防衛策を急きょ復活させた。その導入や発動の是非を、3月27日に開かれる臨時株主総会で問う構えだ。

 また、東芝機械は外為法を楯に争う姿勢も見せている。安全保障に関わる高度な機械を製造する同社は、現行法では10%以上の株を取得・保有する外国投資家は、当局への事前届出が必要。シンガポール在住の村上氏は外国投資家なので、その規定に抵触すると主張しているのだ。

 そんななか、渦中の村上氏は何を考えているのか? ご本人を直撃した。

個別の投資にはもう関わっていない

――レオパレス21や東芝機械など、村上さんが関わっている投資会社の活動が活発です。

村上 自分は、個々の投資にはもう関わっていません。私が日本にいるときは、投資先の社長さんと会うこともあります。そのときは、ガツンと言いいますけど(笑)。
私の関連会社のグランドデザインはすでに出来ていて、普段はそれぞれに社長がいて、判断するスキームになっています。なにしろ投資会社以外にも介護の会社などを含め500人くらい社員がいますから、個別に何をやっているのか把握していません。

――一連の報道では、村上さんが主導されていることになっていますが?

村上  それは東芝機械側のデマゴーグ。外為法違反にするために、つくっている話です。たとえばマスコミのインタビューでも、僕以外の人とはしたくないでしょ。だから僕が答えているけど、実際はそれぞれの会社に社長がいて、判断をしています。僕も還暦ですから、第一線では動きませんよ。

――では、もう表舞台には出ないんですか?

村上  業界の再編には興味を持っています。たとえば、2019年に出光と昭和シェルの合併がありましたが、貢献させていただくことができたと思っています。日本には、同じ業界に多くの上場企業がありますが、私は2社程度が適切だと思っています。なので、今後も、こうした再編にはお役に立ちたいと思っています。

 あとは、海外の投資ですね。主に不動産開発をやってますよ。

日本人のお金に対する意識を変えてほしい

――あとは、N高投資部のような金銭教育ですか?

村上 そうですね……。ともかくも、日本人のお金に対する意識を変えてほしい。やはり、あのインサイダー事件は僕にとってショックでした。判決で言われた、「安く買って、高く売る、慄然とする」には唖然としました。こんな思想が蔓延したら、この国は滅びますよ。

――しかし、コーポレートガバナンス・コードができて、日本も変わったんじゃないですか?

村上 いやいや。今回のレオパレス21や東芝機械の一件を見ても、変わってませんね。コーポレート・ガバナンスを日本に根付かせるには、まだまだ道半ばです。

 村上世彰氏の半生や投資理念を知りたければ、文春オンライン連載のマンガ『生涯投資家』をご覧ください。最新第6話から、いよいよ「ニッポン放送篇」が始まります。

※原作『生涯投資家』(文庫版)が好評発売中です。

(「文藝春秋電子書籍」編集部)

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  10. 10

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。