記事

東京五輪、21年夏前の開催も可能=IOC会長


[アテネ 25日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は25日、今夏予定されていた東京五輪の延期について、「何千もの」ロジスティックかつ金銭上の問題に直面するとしつつも、2021年7─8月よりも前の開催が可能との認識を示した。

バッハ会長は記者会見で「遅くとも来夏までに開催したい旨で合意した」とし、「夏季のみに限定されない。21年夏も含め全ての選択肢を検討する」と語った。

安倍晋三首相は前日、バッハ会長と電話会談し、7月に予定されていた東京五輪を1年程度延期し、遅くとも2021年夏までに開催することで合意した。

あわせて読みたい

「IOC」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  4. 4

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  5. 5

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  6. 6

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  7. 7

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  8. 8

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    なぜリベラリズムは生き残るのか

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。