記事

感染爆発・重大局面といいつつクラスター3条件で記者会見する東京都知事の危機管理のなさ

いよいよ東京はロックダウンか?と思われた記者会見。
ひとまずロックダウンは避けられたものの、感染爆発の重大局面だと危機感をあらわにした。

しかしこの記者会見。
感染拡大させるための悪条件3条件を見事に満たしている。

換気が悪い
人が密集
会話・発話

これぞ感染拡大の温床であり、自粛を要請しているものにもかかわらず、この記者会見が感染拡大にまるで配慮されていないという危機感のなさ。

専門家会議も同様だったが、緊急事態宣言を出した北海道知事の記者会見は知事自らマスクをし、記者席は1席ずつ開けるなどの配慮がなされた会見がいくつかあった。

にもかかわらず。
東京都知事の記者会見も、民間に自粛を要請しながら感染爆発が起きると危機を煽りながら、まるで記者会見場に感染対策がなされていないお粗末ぶりだ。

発話する人間がマスクするなり、もっと広い部屋にして記者や会見する専門家の人と人との距離を開けるなり、なんなら窓のある部屋で窓を開けっぱなしにしてやるなりの配慮があってしかるべきにもかかわらず、集団感染拡大させる3条件で記者会見をやっている。

本当に政治家は都知事は専門家会議は感染爆発を心配しているのだろうか?
この会見そのものが、もしくは国会そのものが集団感染の3条件であり、今もっとも自粛すべきものということをまるでわかっていないのです。

だから対策は上っ面で民間に無意味に我慢させるだけで、自分たちが今行っている記者会見や国会や議会の感染対策はまるで考えない。

民間に自粛を要請するなら記者会見をWebでやって、記者を入れない無観客にするなり人を入れるなら感染防止に配慮した形で行わないと、なんの説得力もないと思う。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  3. 3

    よしのり氏 堀江氏の主張に賛同

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ後遺症だけが特別ではない

    名月論

  5. 5

    玉木代表は合流賛成派に耳貸すな

    早川忠孝

  6. 6

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

  7. 7

    北兵士に緊張 5人餓死の異常事態

    高英起

  8. 8

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  9. 9

    唐揚げは手抜き? 男性発言に疑問

    諌山裕

  10. 10

    優れた人が性癖で失敗する難しさ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。