記事

“再延期・中止”という最悪のシナリオも? 五輪延期コストの押し付け合いは「将来の開催都市の不安材料に」

1/2

 安倍総理大臣は24日夜、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長と電話会談して東京オリンピック・パラリンピックの開催延期を要請し、来年夏までに開催することで合意した。ただ、現時点では来年夏までに新型コロナウイルスの感染拡大が終息する見通しは立っておらず、会場の調整や費用の問題など、課題は山積している。

24日夜のAbemaTV『AbemaPrime』では、こうした問題について議論した。

■スポーツジャーナリストの二宮清純氏「延期に伴うコストの負担に懸念」


 スポーツジャーナリストの二宮清純氏は「IOCが“WHOの勧告に従う”と言った段階で、これは延期に舵を切ったなと思った。当然、組織委員会も水面下で検討していただろう。ただ、それを表に出してしまえば混乱するし、訴訟リスクも出てくる。だからギリギリまで待ったということだろう。私たちが聞いても“それは言えない”というだけだった。

また、IOCがJOCを挟んで東京都と締結している開催都市契約というものがある。これは“現代の日米修好通商条約”と呼ばれるくらいの不平等条約だ。すべての決定権はIOCにあり、都や組織委員会には義務しかない。マラソン会場が東京から札幌に変更されたのも、そういう事情があった。

今回、選手や各国の競技団体から反発を食らったことでIOCも延期か中止を考えなければならなくなったが、スポンサーからすでに契約金ももらっているし、損失を考えるとなかなか言い出しづらかった。そこに強行するわけにはいかない日本側から提案が出てきて助け船になった。良いか悪いかは別にして、両者の“阿吽の呼吸”で決まったのだろう」と説明。

 また、会談を前にIOCに多額の放送権料を支払う米NBCが「IOCの決断を全面的に支持する」と表明したことも情勢の変化を後押ししたとの見方もある。二宮氏も「ここが一番ネックになっていた。アメリカでは秋になるとメジャースポーツが開幕したり、佳境に入っていたりするということもあるし、NBCの親会社であるコムキャストは中止保険に入っているが、全額が補償されるわけではない。一方、陸上や水泳などがないまま中途半端に開催すればスポンサー料が入らない。だからNBCとしてもぎりぎりの範囲で妥協したということだろう」とした。

 そして“遅くとも2021年夏まで”という点について二宮氏は「組織委員会、開催都市の東京都、主催国の日本政府が最も恐れていたのは中止だったので、年内の延期、1年の延期、2年の延期のいずれかに収まればいいだろうという空気は早い内からあった。

だから1年の延期というのも予想の範囲内で、橋本五輪相や小池都知事にも安堵の表情が見られた。問題はその頃に流行が収まっているかどうかということだ。記者会見で“再延期はありませんか?”という質問が出ていたが、あくまでもコロナ次第だ。場合によっては“再延期”、それもなく“中止”という可能性も出てくる。

もう一つはお金の問題だ。組織委員会が自動的に1年延長するとなると、人件費も固定費も余計にかかる。東京都が国が税金で補填しなければならなくなることも考えられる。その調整は大変なものだろう」。

■編集者・ライターの速水健朗氏「将来の開催都市の不安材料に」


 二宮氏が指摘するコスト面について、関西大学の宮本勝浩名誉教授は大会1年延期の追加諸経費は約325億円、内訳は施設維持管理費が約225億円、広報・人件費等諸経費が約100億円と試算している。また、各国競技団体の追加費用は約3900億円。延期による経済損失は約2183億円。2年延期になるとさらに出費が増える。1年延期だけでも全て足すと約6400億以上という計算だ。

 編集者・ライターの速水健朗氏は「オリンピック開催のためのコストはどんどん高くなっていって、手を挙げる国や都市が減っている。今回の延期のコストまで東京都、日本だけが背負うことになると、これからの開催地はそのリスクも計算しなければならない。こうした場合の負担についても考えていかないと、将来、オリンピックの開催自体が危うくなるのではないか」と懸念。


 クリエイティブクリエイターの三浦崇宏氏は「小池知事が“世界中で団結して東京2020を実現させることがコロナに対する完全勝利の象徴だ”と言っていた。人類が共通の目的を持つことは良いことだと思う。そこで各都市で負担しあうとか、国際規模でのクラウドファンディングといったことがあっても良いのではないか」と話した。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  7. 7

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。