記事

中国のサウジ産原油輸入、1─2月は前年比26%増


[北京/シンガポール 25日 ロイター] - 1─2月の中国のサウジアラビア産原油の輸入は前年同期比26%増、ロシア産原油の輸入は11%増だった。

中国税関総署が25日公表した統計を基にロイターが算出した。

今月発表の速報値によると、1ー2月の中国の原油輸入は前年同期比5.2%増の日量1047万バレル。製油所は、春節休暇の前に原油在庫を増やすことが多い。今年の春節休暇は1月下旬だった。

1─2月に輸入した原油は、新型コロナウイルスの感染拡大前に発注された。

リフィニティブ・オイル・リサーチによると、3月に到着する原油は日量1000万バレル前後とみられ、前年同期の日量926万バレルを上回る見通し。

製油所は新型コロナの感染拡大に伴う需要の減少で操業の縮小を迫られているが、原油安が進んだことを受けて大量の原油を購入したとみられる。

米国産原油の輸入はゼロだった。昨年は米中貿易戦争で米国産原油の輸入が減少したが、その後、中国政府が3月初旬から関税の免除を開始したため、年内に輸入が増える公算が大きい。

ベネズエラ産原油の輸入も4カ月連続でゼロだった。米国の対ベネズエラ制裁が背景。

イラン産原油の輸入は前年比81%減。米国の対イラン制裁が背景にあるとみられる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  9. 9

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。