記事

東京2020オリンピック競技大会 1年延期が決定 安倍総理の指導力の成果

記者会見する安倍総理(出所:首相官邸)

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202003/24bura.html 

参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。「日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とし、賢く強かで思いやりある人づくりを通じて、国を繋げ、護り、発展させていきたいと考えております。

3月24日(火)夜、首相官邸において、安倍総理が記者会見を行い、森会長、小池都知事、橋本大臣同席の下に、バッハIOC会長と電話会談を行い、東京オリピック大会を1年延期することを提案し、バッハ会長と同意したと発表しました。

安倍総理は次のように発言しました。

「開催国日本として、東京五輪について、現下の状況を踏まえ、世界のアスリートの皆さんが、最高のコンディションでプレーでき、そして、観客の皆さんにとって、安全で安心な大会とするために、おおむね一年程度、延期することを軸として、検討していただけないか、という提案いたしました。バッハ会長から、100パーセント同意する、という答えをいただきました。」

「今後、人類が新型コロナウイルス感染症に打ち勝ったあかしとして、完全な形で東京オリンピック・パラリンピックを開催するために、IOCバッハ会長と緊密に連携していくということで、一致したところであります。日本は日本として、開催国の責任をしっかりと果たしていきたいと思います。」

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202003/24bura.html 

安倍総理の指導力もあり、最悪の「中止」を免れ、次善の「1年延期」となりました。選手や関係者の皆様方にとって、1年延期への準備は、従前以上に大変だとは思いますが、国としてしっかり支援していきたいと思います。

早速、3月25日(水)午前8時から、自民党本部において、文部科学部会が開催され、来年度の補正予算に向けて、経済対策の議論が行われました。その場においても、1年延期された東京オリパラ大会の成功に向けて、万全を期して予算での支援をすることを議論し、政府に提言することにしました。

 中共武漢発の新型コロナウイルス感染症は、国内外に蔓延して、収束の目途はいまだ立っていません。来年の夏、1年4か月先となりますが、東京オリパラ大会までに、治療薬の開発はじめ安全・安心な環境で、東日本大震災からの「復興五輪」、新型コロナウイルス感染症からの「終息五輪」にすべく引続き力を尽くします。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  7. 7

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  8. 8

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  9. 9

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    マスク配布の誤解生む残念な政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。