記事

陸上世界選手権も1年後ずれの可能性、五輪延期受け=世界陸連会長


[ロンドン 24日 ロイター] - 世界陸連のセバスチャン・コー会長は24日、2020年東京五輪が新型コロナウイルス感染拡大を理由に1年延期されたことを受け、来夏に米オレゴン州ユージンで開催を予定している陸上世界選手権を2022年に延期する可能性があると述べた。

コー氏は英スカイスポーツテレビに対し、「来年に五輪を開催する必要性を踏まえ、われわれは既にオレゴンの組織委員会と日程変更や、場合によっては2022年への延期を検討する可能性について協議している」と述べた。

詳しい決定については、国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪の新たな日程を発表するまで待つ必要があるとした。

IOCは今年7月24日─8月9日に開催予定だった東京五輪を1年程度延期し、遅くとも2021年夏までに開催するとしている。[nL4N2BH3V1]

2012年ロンドン五輪の組織委員長だったコー氏は、東京五輪の延期について、「世界は非常に困難で危険な状況にある。スポーツは例外ではなく、IOCと日本政府の決定は完全に正しい」と高く評価した。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    108兆円経済策 詐欺まがいの実態

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。