記事

「“聖火は当面、福島に”と安倍総理が提案」森会長が明かす



 東京オリンピック・パラリンピックの開催をめぐって安倍総理が24日夜、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長と総理大臣公邸で電話会談を行い、遅くとも2021年の夏までの開催を目指すことで合意した。

 会談に橋本五輪相、小池都知事らとともに同席した大会組織委員の森会長は記者会見で「大変残念という思いと、方向性が示されたという意味で、やれやれという思い。ただ、やれやれで済ませてはいけないので、さらに良いオリンピックができるように計画を進めていきたい」とコメント。

 また、開催の延期を受け、聖火リレーがセレモニーも含め当面中止になったことに関連して「会談が終わって我々と話をする中で、“聖火は当面、福島県に置きましょう”と安倍総理からのご提案があった。私から内堀知事に電話をして申し上げたところ、大変喜んでおられた。当面は福島に置くことになる」と明かした。(ANNニュース)

▶映像:組織委「チケットなど今後検討」

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。