記事

今日のCOVID-19あれこれ~2020年3月24日版

1/2

昨日「4週間以内に」という報道に接した時は、「何を悠長なことを・・・!」という思いが頭をよぎったのだが、いざ動き出したら一晩で決着。実に早かった。

「安倍晋三首相は24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話で協議し、夏の東京五輪・パラリンピックを1年程度延期することで合意した。遅くても2021年夏までに開催すると確認した。新型コロナウイルス感染の収束が見通せず、選手らの準備期間なども踏まえて判断した。」(日本経済新聞電子版2020年3月24日21時13分配信、強調筆者、以下同じ)*1

これは実にグッジョブ!で、商業的に成功するあてもないままズルズルと「予定どおり開催」に持ち込まれたり、結論を先延ばしされていたりしていたら、確実に苦境に陥ったであろういくつかの会社が、当面の間「専守防衛」に徹することができるようになったということは非常に大きいし、完全な「中止」ではなく2021年に向けた開催の可能性が残ったことで、(ここ数か月さえしのぎ切れば)国内経済を再浮揚させるきっかけが生まれた、という意味でも、的確な判断ではないかと思う。

もちろん、今は(相対的には緩やかなスピードとはいえ)素人目にはどう見ても状況は悪化の一途を辿っていて*2、来月、三大首都圏で都市としての機能が発揮されているかどうかも個人的には怪しいと思っているので、ここから先の一年が、これまで誰も経験したことのなかったような険しいものになる可能性も否定できないのだが、オリンピック125年の歴史の中で、いまだかつてどの国も都市も経験したことのなかったイレギュラーな事態を乗り越えて開催にこぎつけることができるなら、それは「東京」に、そして「日本」に刻まれる新しいブランドになるわけで、ある意味、こんなにおいしい話はない

そして、昨日のエントリー*3でも触れたとおり、「非常時」だからこそ、これまで批判されていた様々なしがらみを少し解きほぐして、新しい方向性を模索していくことだってできるはずだ*4、と自分は思っているので*5、今は、結果的に「1年延ばしてよかった」と言えるような祭典になることを心の底から願うばかりである*6

ひと時の狂い咲き相場、というなかれ。

で、市場の方に目を移すと、今日は投機マネーの買戻しに加え、当面の悪材料出尽くしで挽回を狙う個人投資家が参入したのか、「根拠なき熱狂」ともいうべき上昇相場になり、日本を皮切りに中国から欧州まで、そしてこの時間には米国まで上昇一辺倒の展開になっている。

もちろん、今日も下方修正を出す会社、特損計上を公表する会社が多々ある状況で、決していい材料がたくさん出てきている、という状況ではなく*7、相場に関しては、いつ金の流れが逆流して、二番底、三番底で地獄を見ても不思議ではない状況ではある。

ただ、最近出始めた一部の「悲観論者」がいうほど、今起きていることの経済的な影響が後々まで尾を引くとは自分は思っていない*8

むしろ、今の状況は、F1レースが終盤に差し掛かってレースの勝敗が見えかけたところで、突如予期せざる大クラッシュが起きてセーフティカーが投入されたような状況で(一部のチームは強制ピットイン・・・)、エンジン性能の相対的劣化やピット戦術のまずさゆえに、優勝争いから引き離されかけていたチームにとっては、レース再開後の一瞬の攻防を制することで、息を吹き返すチャンスともいえる。

「グローバル化」こそが経済発展のキモだ、と信じていた人々にとっては、今は悲観的になるしかない状況だろうし、打撃を受けている業種の中に目に付きやすい華やかな産業が多い*9ということもあって、何かとマイナスのイメージが刷り込まれやすいのは確かだが、こんな状況下でもたくましく稼いでいる事業者はいるし、むしろ「この状況こそ商機」と捉えて、食い込もうと意気込んでいる事業者だっているわけで、そういったところに目を向け、限りあるヒト・モノ・カネの資源を向かわせていくことができれば、今年の10-12月期くらいから一気に反転攻勢、という展開も、決して非現実的なものではないと自分は思っている*10

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。