記事

母・工藤静香は「1番を目指せ」スパルタ練習に挫折したCocomiがベテラン声優の"個人レッスン"に通っていた - 「週刊文春デジタル」編集部

「マジかよ! 信じられねえ!!」「審査員が悪い!!」CocomiとKōki, 工藤静香にそっくりな“超勝ち気セレブ姉妹”の真実《卒アル写真入手》 から続く

 3月28日に発売される女性ファッション誌「VOGUE JAPAN」の表紙でデビューを飾るCocomi(18・心美)。木村拓哉(47)と工藤静香(49)の長女だ。2018年に日本版「ELLE」で一足先にモデルデビューした次女・Kōki,(17・光希)に続き、歴史ある世界的ファッション誌でのデビューは大きな話題を呼んでいる。

Cocomiはデビューと同時に「Dior」のジャパンアンバサダーにも就任。3月19日に公開された16秒の予告動画では得意のフルートを披露した。Diorのウェブサイトに掲載されているプロフィールでも音楽家として紹介されている。

《東京に生まれ、音楽やアートに触れて育ち、3歳からヴァイオリンを、11歳でフルートを始めました。数々のコンクールで受賞歴のある彼女はこの春大学に入学し、音楽家として本格的に活動を始めます。》


Cocomi(3月18日Cocomi本人のInstagramより)

 Cocomiは人生の大半を音楽と共に過ごしてきた。母・静香の「やるからには1番を目指せ」という大方針のもと、幼い頃から一流の講師の指導を受け、自宅の地下にある防音の練習室で日々研鑽を重ねてきたという。フルートを吹く姿の裏には、努力と挫折の日々があった。

姉妹のキレイさはずば抜けていた

「3歳の頃から習っていたヴァイオリンは心美ちゃんの自慢でした。中学生の頃には学内のオーケストラでコンサートマスター(首席ヴァイオリニスト)を務めるほどの腕前に上達していました。しかし中学2、3年の頃でしょうか、他にも上手い子がどんどん出てきて、2番手に降ろされてしまった。ショックだったのか、その後はオーケストラを辞めてしまいました」(学校関係者)

 しかしその頃にはすでにフルートの才能が花開き始めてもいたという。

「2013年10月、山野楽器主催のヤマノジュニアフルートコンテストがあったのですが、心美さんは小学生の部で最優秀賞を獲得しています。ちゃんと練習をしているんだなとわかる、しっかりとした演奏でした。

 でもその年は、例年になく『カメラ禁止』『写真禁止』の事前通達がすごかった。不思議に思っていましたが、コンテストが始まる前、客席に座る静香さんや姉妹を見て、彼女らへの配慮なんだろうと納得しました。あの姉妹のキレイさは遠くからでもわかるほどで、特に心美さんは松本零士先生の描くメーテルみたいにずば抜けて輝く美しさがあった」(コンテストに居合わせた人物)

 母・静香の力の入れようもすごかった。週の半分は講師を自宅に招いて個人レッスンを受けさせた。「FLASH」(2013年9月10日号)にはヨーロッパ旅行へフルートを持っていく心美の姿が報じられている。

Kōki,は「もう二度と(コンクールには)でねえ!」

「フルートは姉妹ともに習っていたのですが、あの姉妹は個人レッスンをしている先生の門下生の中でもずば抜けて上手かった。当時からすでに毎日練習していたし、他の子のレッスンよりもはるかに多い回数をこなしていました。

 先生は『一日たりとも練習を欠かすのはありえない』という教えの人。旅行の時も部屋で練習できるように、ホテルは角部屋をとることを勧められるし、どこへ行くにもフルートを持っていかなければならない。先生の教えを守ってレッスンをしていればプロになるしかないくらいの練習量でした」(別の学校関係者)

 幼いながらにひたむきにフルートと向き合っていた心美。しかし中学校最後のコンクールでは思ったような結果が出なかった。

「中学生最後の大会も『山野楽器』主催のコンクールでした。心美ちゃんは1年かけて入念に準備をしていました。しかし結果は入賞止まりで最優秀賞をとれなかった。妹の光希ちゃんも同じように入賞止まりで、光希ちゃんは入賞の賞状を2つに破いて『もう二度と(コンクールには)でねえ!』と激昂。コンクール後に審査員の先生がみんなの前で1曲吹いてくれたときも『ヘッタクソ!』と怒っていたと聞きました。

 光希ちゃんは翌年のコンクールにはもう出場しませんでした。心美ちゃんは光希ちゃんほどあからさまな態度はとっていませんでしたが、相当なショックを受けていたようです。

 心美ちゃんは一時期、高校はコンセルヴァトワール(パリ国立高等音楽・舞踏学校)に行きたいと周囲に話していましたが、それも夢で終わってしまった」(コンクール関係者)

厳戒態勢の中で通っていた声優のレッスン

 中学3年生の少女にとって、大きな挫折だったのだろう。この頃から、Cocomiは週に一度、静香の紹介で”ある場所“に通い出した。

「心美さんが通っていたのは、ベテラン人気声優の個人レッスンです。通っていたのは中学3年生から高校1年生の頃。母親としては、娘に気分転換させてあげたいという気持ちもあったのかもしれません。送り迎えは静香さんがされていて、SPのような人がいる時もあり、厳戒態勢の中で通っていました」(木村家と交流のある人物)

 Part1で報じたように、当時、心美が通っていたインターナショナルスクールはほとんどが外国籍の生徒。習い事も多く多忙で、友達作りにも苦労していたようだ。声優に興味を持ったのも、そんな日々でのことだったという。

「心美ちゃんは外で遊ぶより昔からアニメや少年漫画が好きで、授業をさぼって単行本のマンガを読んでいることもありました。少女漫画っぽい絵を描いている姿も見たことがあります。フルートの教室では演奏が上手なので“カースト”は上でしたが、他のお友達から浮いているところはありました。一生懸命に練習していただけに、下手な子を下に見てしまうところがあった」(前出・学校関係者)

 しかしそれはCocomiだけに原因があったわけではない。

周りの大人のせいで『私たちは特別』

「心美ちゃんのそういった態度は、周りの大人がそうさせていた部分があったのかもしれません。たとえば発表会では、姉妹はいつも集合時間に遅れてきて、演奏が終わったらすぐに帰る“殿様出勤”。静香さんへの配慮もあったと思いますが、とても不自然でした。

 心美ちゃんが中学1年生の頃にはこんなこともありました。心美ちゃんの演奏があまりに上手なので、我が子の参考にしようと動画を撮影していたお母様がいらっしゃったんです。それを静香さんが見つけて、『動画撮ってましたよね、削除してもらえませんか!』とかなり強い口調で要求していました。

 そういった対応が『私たちは特別』という意識に繋がってしまったのかもしれません。フルートの先生にしても、『心美ちゃん上手でしょ。私が教えたのよ』が口癖でしたし。当時、心美ちゃんと光希ちゃんを取り巻く環境はかなり特殊だったように思います」(会場関係者)

あったかもしれない木村拓哉との親子共演

 そんな心美にとって、声優レッスンを受けるひとときはかけがえのない時間だったようだ。

「心美さんは、とても楽しそうにレッスンに通っていたそうですよ。話によると台本もスラスラ読むし、アテレコも上手かったそうです。声優といえば2004年に木村拓哉さんが『ハウルの動く城』のハウル役を演じていますよね。もし心美さんが声優デビューをしていたなら親子共演の可能性もあったかもしれません。そうなれば業界は大盛り上がりだったでしょうね」(前出・木村家と交流のある人物)

 しかしCocomiは約1年で声優のレッスンを辞め、再び音楽と向き合った。苦手な勉強も東大卒の家庭教師に習って猛勉強し、国内屈指の音楽教育が盛んな私立高校に入学。その後、コンクールへの挑戦も繰り返した。2018年10月には「全日本学生音楽コンクール東京大会本選」で入選。翌年8月末には「日本奏楽コンクール管楽器部門高校の部」で最高位(グランプリなし、準グランプリ)を獲得し、同年10月には「全日本学生音楽コンクール東京大会本選」でも入選した。
 
「あるコンクールの演奏前、心美ちゃんに向かってほかの奏者が緊張して『自分の緊張がうつったらゴメン』と言ったんです。すると心美ちゃんは『そんなことで吹けなくなるような練習時間を過ごしてないから』とズバッと返したことがありました。

 これも演奏前の話ですが、奏者は指を動きやすくするため、手袋やカイロで指を温めます。しかし心美ちゃんは早めに手放す。『吹くときはハートのほうが大切ですから』と語っていて、大御所みたいだなと思った覚えがあります」(高校関係者)
 
 現在もCocomiは音楽活動を続けており、これまで音楽での実績は今回の芸能界デビューに際して数々のメディアで紹介されている。しかしこの報道に対して、ある音楽関係者が「待った」の声をかけるのだ。

(後日公開のPart3に続く)

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

あわせて読みたい

「木村拓哉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  5. 5

    報道番組をエンタメにしたTVの罪

    メディアゴン

  6. 6

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  7. 7

    学校で感染集団 予防はまだ必要

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  9. 9

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  10. 10

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。