記事

トップレスで宅配サービス 米オレゴン州

1/2
Lucky Devil Loungeで踊るストリッパー、ブロディ・グロディ氏(Photo by Christine Dong)

新型コロナウイルスの世界的大流行があちこちで危ぶまれていたころ、米オレゴン州ポートランドのストリッパー、ブロディ・グロディ氏の収入はいつもの半分に激減していた。「みんな怖がっていたわ」と彼女は言う。

「前より外出しなくなったし、ラップダンサーをオーダーする回数も減った。ダンサーに近づきすぎるのを恐れて、ステージ横に座るお客も少なくなった」

そこへ先週ケイト・ブラウン州知事が、オレゴン州のすべてのレストランとバーを閉鎖すると発表した。すでに半減していたグロディ氏の収入は「見事にすっからかん」になったそうだ。「私たちみんな、大至急どうにかしなくちゃいけなくなっちゃったの」

グロディ氏の勤め先Lucky Devil Loungeのオーナー、ション・ボールデン氏がある解決策をひらめいた。ブラウン州知事のお達しがあった後、ボールデン氏はTwitterに、レストラン兼ストリップクラブは閉めることになるが、どうにかして従業員に仕事を見つけなくちゃいけない、と投稿。そして冗談交じりに、トップレスダンサーの宅配サービスでも始めるか、とツィートした。すると、うちのエリアにもデリバリーしてくれるか、という問い合わせが顧客から殺到。「『おいおい、ひょっとしたら上手くいくんじゃないか』と思ったんです」とボールデン氏は言う。

このツイートから生まれたのがBoober Eats(ブーバー・イーツ)だ。デリバリー料金プラス30ドルで――代金は従業員内で均等に分配される――バーガーやフライドポテト(サラダ、ステーキ、その他何でもOK)をオーダーすると、運転手兼ボディガードに伴われた2人のダンサーが自宅まで配達してくれる、というサービスだ。ダンサーはマスクに手袋、アルコール消毒液を携え、疾病予防管理センターのガイドライン通りに6フィート(約180センチ)の感覚を保って、玄関口まで食事をお届けにあがる。

・配達中の写真

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    感染の危険減っている 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    コンビニレジ袋有料化で混雑懸念

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  10. 10

    五輪簡素化にみる生活様式の変化

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。