記事

借金を自己資金と勘違い…「ギャンブル依存症」51歳・会社員

Cさん

「IR推進法」により、日本でのカジノ誕生が、いよいよ現実味を帯びてきた。しかしその一方で、依存症などの影響を心配する声も、いまだ根強い。政府は対応策として、2020年4月から、ギャンブル依存症の治療を公的医療保険の対象にすると決めた。

 ギャンブル依存症には、グループで経験や現状を語り合う集団治療が有効とされる。今回、集団治療を実践している自助グループ「GA(ギャンブラーズ・アノニマス)」の参加者Cさんに、話を聞いた。

「高校生でパチスロにハマりました。平日は仕事が終わってから閉店まで、土日は開店から閉店まで打ち、1日に20万円の勝ち負けをしたこともあります」

 ドル箱が積まれ、「ほかの客が見ているのではないか」と感じ、夢中になっていった。自信のない自分が、認めてもらえる瞬間に思えたという。

 しかし、25歳で初めて消費者金融から借金をして以来、43歳までの借金の総額は1000万円以上になった。

「何度も母に肩代わりしてもらいました。『借金は自分のお金』という感覚でした。融資枠が上がるのも、貯金が増えたような気分になりました」

 結婚をしたが、またも借金。妻には言えず、「ばれたら離婚になる。黙っていてくれ」と、母親に口裏を合わせてもらった。

「妻には、47歳のときに打ち明けました。『次に借金したら離婚』と言われ、自助グループに行きました。そこで初めて自分が依存症だと気がつきました。

 最初に自助グループに参加したときは、どのような場所か不安でしたが、いまは週に3回参加し、ほかにSNSで何度も参加しています。ひとりになると、またギャンブルをしてしまいそうで不安になります」

(週刊FLASH 2020年3月17日号)

あわせて読みたい

「依存症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。