記事

百田尚樹氏、中韓批判姿勢が「ヘイトスピーチでは」に答えた

厳しい言葉を送る百田氏

「応援団」ではなくなった?

 新型コロナウイルス問題をめぐり、これまで安倍晋三首相の“応援団”の代表格と見なされてきた保守派論客が「政権批判」に回ったことが世間を驚かせた。作家・百田尚樹氏は2月21日、ツイッターでこう呟いた。

【写真】「応援団」から批判派に?

〈安倍総理はこれまでいいこともたくさんやってきた。/しかし、新型肺炎の対応で、それらの功績はすべて吹き飛んだ〉

 なぜ百田氏は、一転、厳しい批判を繰り広げたのか。雑誌『ニューズウィーク日本版』で特集「百田尚樹現象」(2019年6月4日号)を執筆したノンフィクションライターの石戸諭氏が、その真意を質した。

──百田さんは中国や韓国に対して日常的に激しい言葉で批判している。嫌韓、嫌中色が強く、時に「ヘイトスピーチ」的だとまで言われています。この延長で入国制限せよと言っているのではないですか。

百田:それはまったく違いますね。感染症対策はあくまで有事です。中国からの入国制限だって、世界中の国がやっています。私の主張はそれと変わりません。そもそも私はヘイトスピーチはしていません。「サヨク」の悪質なイメージ操作です。

 私は単なる一市民として、自分の感じることはツイッターとか、いろんなところで、一切枷をはめずに言うていく。それだけの話です。

──結果的に、日本政府は3月9日から中国・韓国からの入国制限を実施した。自分の言った通りになった、と思いますか。

百田:私が言った通りになったからといって、それは自分の影響だなんて思いませんよ。前から総理が考えていたことでもあるでしょうし。

 一つ言えるのは、総理と2月28日に会食した後、私と有本香さん(ジャーナリスト)は帰りのタクシーで「もしかしたら、習近平の来日はなくなるかもしれんなぁ」という会話はしました。そういうニュアンスを感じたということです。

──会食後、安倍首相への批判のトーンは弱まっています。今でも批判したいと思いますか。

百田:もっと早く中国人観光客の受け入れを制限すべきだったと思います。入国制限しなかった1月と2月はまったく評価できないですが、もう、過ぎたことを言っても仕方がない。現時点の最善策を取ることが大切です。

 全国一斉休校の要請にしても遅きに失したとはいえ、韓国と中国への渡航制限も、習近平の国賓待遇の来日見送りも評価しています。今はベストを尽くしてると思います。

──休校要請については、エビデンスに欠けている政策だと批判も強いですし、私も経済への悪影響が出ることも含めて、やる必要はなかったという立場です。百田さんはどこを評価しているのでしょうか。

百田:学校の休校要請っていうのは、やっぱり、相当なもんやと思っています。ほかの政治家ではビビッてできなかったんじゃないでしょうか。エビデンスに欠けるという批判ですが、そもそも未知の感染症に対してエビデンスなんかないですよ。総理がリーダーシップをとって、果敢に休校をとりあえずやってみて、感染を防ぐという成果が出たらいいじゃないですか。

──評価はリーダーシップにあるということですか?

百田:そうです。こういうことに関してはやっぱり、果敢にやらないといけないでしょう。官僚っていうのは自分から決めませんからね、絶対に。

※週刊ポスト2020年4月3日号

あわせて読みたい

「百田尚樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  4. 4

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  8. 8

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  9. 9

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。