記事

都知事「首都の封鎖=ロックダウン」の可能性言及〜無症状感染者がオーバーシュートを引き起こす可能性

1/2

東京都の公式サイト「都内の最新感染動向」の公開データによれば、23日の都内感染者数は過去最高の16人となりました。

都内の最新感染動向
最終更新 2020/03/23 22:40


https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

23日の小池都知事の会見は「首都の封鎖=ロックダウン」という言葉も飛び出す緊迫したものになりました。

新型コロナ、小池都知事「首都の封鎖あり得る」

 東京都の小池知事は、新型コロナウイルスの大規模な感染拡大が認められた場合は、首都の封鎖=ロックダウンもあり得るとして、都民に対し、大型イベントの自粛などを改めて求めました。

 「この3週間オーバーシュートが発生するか否かの大変重要な分かれ道であるということです」(小池百合子 東京都知事)

 小池都知事は、23日から3週間、イベントなど人が密集する空間への外出を控えるよう都民に呼びかけました。都内で大規模な感染拡大が認められた際には、東京都を封鎖する「ロックダウン」も検討するとしています。

 また、小池知事は、海外から帰国後に感染が確認されるケースが多くなっていることから、羽田空港の検疫の状況を自ら確認することを発表。さらに、東京には大学も多く、症状の軽い人たちが感染を広げないように、若者にメッセージを出すことを明らかにしました。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3936286.html

うむ、都知事のこの緊迫した会見は、先週大阪兵庫で往来の自粛騒ぎが起きた関西圏もですが、首都圏においても厚労省から非公開の予測資料が自治体側に示された結果だと思われます。

読売新聞が厚労省からの非公開予測資料の内容をスクープしています、「厚生労働省のクラスター対策班が、東京都内での今後2週間の感染者が500人規模に達する恐れがあると試算していること」を報じています。

【独自】都内500人感染試算...今後2週間、厚労省 都は緊急対策へ〔読売新聞〕
2020年03月23日 13:05

 感染拡大が続く新型コロナウイルスを巡り、厚生労働省のクラスター対策班が、東京都内での今後2週間の感染者が500人規模に達する恐れがあると試算していることがわかった。東京都の小池百合子知事は感染抑止対策の強化を急ぐ必要があると判断。専用病床を将来的に4000床態勢まで増やすことなどを柱とする緊急対策を23日にも公表する。

 関係者によると、専門家でつくる対策班では新たな対策が講じられなかった場合、都内で4月8日までに判明する感染者は約500人に上り、うち重篤に陥る患者も約40人に上ると分析しているという。

(後略)
(2020年3月23日 読売新聞)
https://medical-tribune.co.jp/news/2020/0323524740/

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。