記事

一斉休校中も部員に個別に電話をかけ……ブラック部活動にすべてを捧げる教員たち コロナ休校・自粛体験談 - 「文春オンライン」編集部

「文春オンライン」編集部では、新型コロナウイルス感染拡大を受け、読者に「一斉休校・コロナ休校」についての体験談を募った。

 コロナ騒動で一斉休校を余儀なくされている小中高校では、授業だけでなく、さまざまな学校行事や部活動も休止に追い込まれた(3月23日に原則すべての学校が再開と萩生田文部科学大臣が発表)。

 通常の卒業式ができなかったりと児童生徒たちがかわいそうだという声もあるが、教育の現場では部活動や行事がなくなったことで、逆に見えてきた問題も少なくないようだ。中学教員のしんじさん(仮名、30歳男性)の体験談を紹介する(取材・文=素鞠清志郎/清談社)。

◆ ◆ ◆

個別に部員に電話をかけ……「抜け道」を探す教員たち

 新型コロナウィルス感染症対策による臨時一斉休校に伴って、部活動も休止となり、中学校で教員として働く私も休むことができました。久しぶりに自分の時間が持てたことによって、日頃から薄々感じていた、学校というブラックな職場環境が浮き彫りになったような気がします。

 特に感じたのは、部活動のありかたです。

 今回の臨時休校では、課外の部活動も休止になりました。そんななか、部活動の指導に熱心な教員はフラストレーションが溜まっているようで、生徒たちに指導できないというイライラを募らせていました。

 せっかくチームがまとまってきているのに……。選手の記録が伸びてきているのに……。そんな理由があるのかはわかりませんが、一部の部活動の指導に熱心な教員は、どのような事態でも指導が止まってしまうことが許せないようです。


©iStock.com

 なかには、生徒たちに学校ではない公園や広場に集まって自主練習をするように仕向けたり、個別に生徒に電話をかけて、自主的なメニューをこなすように指導する教員もいるようです。

 こんな「抜け道」を探してまで部活動に執着するのは、このような指導が今回の騒動前から常態化していたからだと思います。

部活動ガイドライン策定後も変わらなかった実態

 そもそも、部活動指導は勤務時間外に行われる無償の「ボランティア」。部活動後に仕事をするため残業は必須ですが、その場合の残業代は出ないなど、教員の負担がとにかく大きい。

 部活動が教員や生徒たちを過度に拘束していることは、以前から問題視されていました。2018年に各省庁が策定したガイドラインでは、平日は2時間程度、休日も3時間程度の活動に制限することが規定されています。それに、平日なら1日、休日は土日どちらか1日、あわせて週あたり2日の休養日を取ることも明記されている。

 でも、実態は守られていません。時間外の朝練、自主練は当たり前だし、放課後はあたりが暗くなるまでやっている。大会前になると、休日返上で1日中練習していることもあります。

 私が勤める中学校の場合は、各教員が最低ひとつは部活動の担当をすることになっています。この担当の割り振りは主に挙手制で、特に自分がその種目に打ち込んだ経験があるような教員は、自ら手を上げて担当となり、授業そっちのけで部活動の指導にのめり込み、時間外練習を繰り返していく。こうした行為は職場内でも問題になるどころか、熱心な教員として賛美される風潮があるんです。

 管理する上司も、あまりに行き過ぎた時間外指導については注意することもありますが、基本的には見逃しているのが現状です。

 このような状況のため、ガイドラインに沿った指導を徹底しようという声は小さくなりますし、意識の高い教員が問題提起しても曖昧に処理されてしまいます。

 部活動に限らずですが、こうした時間外労働をすることが良しとなってしまうと、教員の仕事は増える一方ですし、働き方改革なんて夢のまた夢だと思います。

保護者からも「休校は仕方ないが部活は続けて」の声

 保護者の中には、今回の臨時休校で授業は無いのは仕方ないが、部活は続けてほしいと憤っている方もいました。家族ぐるみで、部活動に対して真剣に打ち込んでいるという家庭もありますが、中には、放課後も子供を学校の管理下においておけるということで部活に依存している保護者の方もいます。

 もう保育園じゃないんですから「学校に子供を預かってもらう」という考え方を改めて欲しいと思いますね。

 部活動は学校ではなく、地域で行うという形でいいんじゃないでしょうか。野球やサッカーは、地域ごとにチームがあって、大会なども開催されたりしますけど、その他の競技や文化系の活動でも、地域の有志がチームをまとめて指導していく。そのぶんだけ教員の負担は減りますから、より良い授業や教育が行えると思うんです。

中止になった学校行事はそもそも無駄な風習だったのでは

 今回の自粛では、部活動だけでなく、さまざまな学校行事が中止になりました。でも、さほど大きな問題にならなかった。ということは、元から無駄な風習だったのかもしれません。

 例えば、今年度の卒業式は予行演習をする時間が少なかったり、来賓の方々が揃わなかったりということもありましたが、生徒たちは頑張っていたし、例年と変わらぬ充実感を感じていたようです。

 だったら、来年度からも、この「簡易式」でもいいじゃないかと思うんですが、たぶんそうはならない。今回の騒動が落ち着いたら、何事もなかったように元に戻るでしょう。

 部活も、学校行事も、せっかく考えるきっかけになったと思うんですが、現在の教育現場ではその教訓は生かされず、何も変わらないだろうという絶望感が漂っています。

(「文春オンライン」編集部)

あわせて読みたい

「部活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。