記事

【コロナは米のクロフネか】

2/2
[画像を元記事でみる]
FTにYuval Noah Harariが寄稿したのはthe world after coronavirus – This storm will pass. But the choices we make now could change our lives for years to come(コロナウイルスの後の世界~この嵐はいずれ去るが、きょうの判断が今後の生活を大きく変えうる)です。

人類は今グローバル危機に直面している。われわれ世代で最大の危機だろう」と切り出し、今後数週間で各国の政府が行う決定は今後の世界を形作るだろうと予測。

いま問われているのは2つ。

全体主義的な監視か市民の力か
孤立主義か世界的な連帯か

まずは監視主義について。中国は感染者を追跡するためにスマホや顔認証技術を使い、体温などの報告を義務化し、アプリで人との距離感が近すぎるとして行動を変えさせたのが有名だが、イスラエルなどほかの国でも実施。

こままでは、追跡し、モニターし、行動を変えさせるために今回のコロナ危機が重要な分岐点になる、と。コロナ危機のもとで生体監視(biometric surveillance)は一時的な措置だと言うかもしれないが、「プライバシーか健康か」という二者択一に市民は健康を選択するから、データに飢えた政府は、次なる危機を理由に撤回するとは限らないと予測しています。

しかし、正確な情報があれば市民は正しい選択をできるとして、石鹸で手を洗うことが最大の予防策だと知れば市民は「石鹸警察」がいなくても手を洗うと主張。ただし、そのためには当局に対する信頼が欠かせないといいます。

2番目の重要な課題として孤立主義か世界的な連帯か

感染そのものの、それによる経済危機もグローバルであり、グローバルな協力なくして解決できないと指摘。

そのためには協力の精神と信頼が不可欠で、国家間で情報をシェアし、教訓から学ぶ謙虚さが必要だが、アメリカがリーダーの役を担った2008年の金融危機(日本で言うところのリーマンショック)、2014年のエボラ出血熱の感染拡大の時と違い、今のトランプ政権は「人類の将来」よりも「アメリカの偉大さ」の方が重要だという姿勢を明確にしている。

世界的な連帯ができなければ、危機は長期化し将来的にはさらに深刻な危機につながる。

その一方で、連帯できれば、コロナ危機に対する勝利のみならず、将来の疫病や人類の危機に対する勝利にもなると締めくくっています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  9. 9

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  10. 10

    ひきこもりは幸せなら問題ない?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。