記事

【コロナは米のクロフネか】

1/2
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、いろいろ考えさせられる寄稿文が出ています。

1853年にペリー提督が来航したことをきっかけに日本が政治や教育制度を大きく変えたように、アメリカもコロナを大きく転換するきっかけにしないといけないというピュリツアー賞受賞者のオピニオン。

■著書「サピエンス全史」で知られるユヴァル・ノア・ハラリ氏は別の意味でコロナが大きな転換点になると指摘。国家が緊急事態を理由に体温や心拍数などの生体データをスマホから集めて「プライバシーよりも健康が大事」ということで市民も「緊急事態なら」と協力するが、その後も監視主義続くことに警戒感を示しています。

The 
AtlanticにAnne Applebaumが寄稿したのはThe Coronavirus Called America’s Bluff – Like Japan in the mid-1800s, the United States now faces a crisis that disproves everything the country believes about itself.(コロナウイルスはアメリカのハッタリを暴露した~1800年代の日本同様、アメリカは今回の危機で自己否定を迫られている)。

この中で、特別な神の国だと信じていた日本がペリー来航でアメリカに対して文化、政治システム、テクノロジーでかなわないと気づき、一気に近代化したと指摘。

今回のコロナパンデミックは、アメリカにとって日本のペリー来航のような存在になっているとして、アメリカの政権、医療システム、官僚組織、政治システムの問題点をあぶり出したといいます。

トランプ大統領は感染者が拡大すれば最も重要視している株価の急落につながるとして数を低く抑えたいと公言していることから、周囲が忖度して検査や準備をせず、その結果、大統領が裸の王様となり、世界的なパンデミックのみならずサイバー攻撃や情報戦争といった21世紀型の課題に取り組めなくなったと主張しています。

日本はペリー来航で転換しないといけないことに気づき明治維新を成し遂げたが、さてアメリカはどうか?と疑問を投げかけて締めくくっています。


あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。