記事

五輪延期が政界に与える影響 小池都知事、安倍首相の「明暗」

小池氏は「開催都市のトップ」のままでいられるか(写真/AFP=時事)

「延期論」が浮上する東京五輪。スポーツ界で注目されるのは、「1年延期か、2年延期か」という点だ。スポーツ紙デスクはこう語る。

「1年延期の場合、来年は7~8月にかけて、世界水泳と世界陸上が開催予定という問題がある。いずれもIOCに多額の放映権料を払って五輪を中継する米NBCユニバーサルが放送予定の大会で、調整が難しい。

 2年延期であれば、2022年2月の冬季北京五輪、11~12月のカタールでのサッカーW杯などと重ならず、むしろ“スポーツの年”として盛り上げられるのではないか」

 政界への影響もある。本来であれば、五輪開催中の7月30日に4年の任期満了を迎える小池百合子都知事。五輪前の7月5日に予定される都知事選で落選した場合、「開会式の都知事」と「閉会式の都知事」が違う政治家になるかもしれないという事態があり得たが、延期となればそんなややこしい懸念も解消される。

「現下の情勢であれば、小池氏は再選して4年の新たな任期を得て、1年後であれ、2年後であれ、都知事として五輪を迎えるでしょう。

 一方、安倍晋三首相はどうするつもりか。自民党の総裁任期は2021年9月で切れ、党則を変えない限り4選はできない。このままでは2年延期の場合は“ポスト安倍”の政治家が開催国の首相として五輪を迎えることになります」(政治評論家・有馬晴海氏)

 東京五輪がどうなるのかによって、様々な業界に甚大な影響が及ぶ。複数のシナリオのなかで何が最善なのか。責任ある立場の人間に、客観的な判断が求められている。

※週刊ポスト2020年4月3日号

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  4. 4

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  5. 5

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  6. 6

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  7. 7

    コロナ患者受け入れ 条件で断念

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  9. 9

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  10. 10

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。