記事

カナダ、東京五輪に不参加を表明 IOCは4週以内に結論

1/2

カナダのオリンピック委員会(COC)は22日、東京五輪に選手団を派遣しないと表明した。新型コロナウイルスのkリスクが理由。

COCは、世界は「スポーツよりもずっと重大な地球規模の健康危機のさなか」にあるとした。

一方、国際オリンピック委員会(IOC)は22日、理事会を開いた後、東京五輪の延期を検討しており、4週間以内に結論を出すとの声明を発表した。

東京五輪をめぐっては、新型コロナウイルス感染拡大の危機を受け、選手や各国のオリンピック委員会から延期を求める声が高まっている。

「次の段階に入った」

IOCは声明で、「世界的な状況の悪化を考慮し(中略)理事会は今日、IOCのシナリオ立案で次の段階に入った」と表明。

「これらのシナリオは、2020年7月24日に五輪開幕という現在の運営計画の修正に関するもので、五輪の開幕日の変更にも関係する」とした。

IOCはまた、中止は「議題になっていない」としたが、「規模を縮小した」五輪は検討していくと述べた。

現時点では、数カ月または1年の延期が有力視されている。

今回の発表は、IOCにとって重大な方針転換となる。IOCはつい5日前までは、東京五輪の予定通りの開催に「全力を尽くす」としていた。

IOC決定を歓迎

英オリンピック委員会(BOA)会長のサー・ヒュー・ロバートソンは、「2020年東京五輪の延期に関して、選択肢を検討するとしたIOC理事会の決定を歓迎する」と、今回の声明を評価。

「しかし、いまも大きな不安を抱えている選手たちのために、早急な決断を強く求める」、「現在の規制によって選手たちは公平に競うことができなくなっている。現在の環境の中で五輪に向けた準備を進めるのは、単純に適切とは思えない」と述べた。

国際パラリンピック委員会(IPC)も、「可能性のあるシナリオを研究する」というIOCの決定を「全面的に支持する」と表明した。

イギリスのスポーツ振興を目的とした政府系組織UKスポーツ会長のデイム・キャサリン・グレインジャーは、今回のニュースは「避けられない」ものだとし、「選手とスタッフ、ファンの安全のために正しい決定」だと話した。

イギリスでは24日、BOA、英パラリンピック委員会、UKスポーツの3者共催で、夏季オリンピック・パラリンピック競技の各種目の代表やパフォーマンス・ディレクターらによる電話会議が開かれる。

会議には選手たちを代表する団体も招かれる予定だ。高度な練習施設の閉鎖など、新型ウイルスの世界的流行がイギリスに及ぼしている影響について主に協議する。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  7. 7

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。