記事

トイレットペーパーは省スペース化を目指せ

1/2

みなさんの家には、トイレットペーパーは残っているだろうか?

新型コロナウイルスの騒ぎで品薄になって久しいこの商品。

僕は幸いにも、新型コロナ騒ぎが始まりかけたころ、数日前に買っておいたのを忘れて、トイレットペーパーも間違って買い足してしまい、その在庫がまだ残っている。1人暮らしなので、消費もさほど早くはない。

とはいえ、トイレットペーパーも12ロールを割っている。普段であれば、そろそろ新しく買い足したいところだが、ちゃんと朝からドラッグストアの前に並ばないと、買いづらい状況が続いている。

改めて確認するが、決して日本の製紙産業の能力不足により、このような状況が起きているわけではない。

日本家庭紙工業会は「トイレットペーパー、ティシューペーパーの供給⼒、在庫は⼗分にあります」という声明を出し、買い占めなどをしないように求めている。

実際、少し前に郊外のイオンが、フロアに大量のトイレットペーパーを並べて販売しているという話題があった。

しかし、都心ではなかなか手に入らないのはなぜだろうか?

それは「商品としてトイレットペーパーが大きすぎるから」ではないかと、僕は考えている。

トイレットペーパーが大きすぎるから、こうした状況においては十分な数を店舗に陳列できないのではないのだろうか。

都心のドラッグストアやスーパーは店舗が狭い店が多く、他の商品の陳列との兼ね合いから、トイレットペーパーなどが売れているとしても、一度にたくさん陳列することができない。

当然、街中の店舗には深夜から明け方にかけてトラックで配送されているのだが、1台のトラックに積み込むことのできるトイレットペーパーの数には限りがあるし、トイレットペーパーだけを運ぶわけにも行かない。

仮にトイレットペーパーばかりを運んだところで、都心の店舗には倉庫を持たない店も多く、店舗に陳列できる量しか在庫を持つことができない。

普段であれば、1つの店舗の在庫は少なくても、街中にたくさんドラッグストアやスーパーなどがあることで、街全体として品不足を感じることはない。

しかし、朝から多くの人が買い求めると、在庫の少ない都心の店では途端に売り切れてしまい、ますます品薄感が強くなってしまう。

その結果、最初は静観していた人たちも、トイレットペーパーの確保に並ばざるを得なくなってしまうのである。

「買い占めをするな」とか「転売をするな」ということはもちろんなのだが、それよりはトイレットペーパーの省スペース化を推し進める方が重要ではないかと、僕は考えている。

実は現在でも「省スペース化したトイレットペーパー」という製品は販売されている。それは「コアレス」と呼ばれる、トイレットペーパーを最後まで使ったときに残る「芯」が存在しないトイレットペーパーである。

芯の部分までをトイレットペーパーにしたり、強く巻くことで、普通のトイレットペーパーと同じようなサイズで、2倍や3倍といった紙の量を実現している。

個人としては、既存のトイレットペーパーと同じスペースで、2倍3倍のトイレットペーパーを保管できるし、流通にとっても今までと同じようなスペースで2倍3倍の商品を輸送、陳列できるのだから、便利な製品である。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  3. 3

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  7. 7

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  8. 8

    マスク配布の誤解生む残念な政府

    青山まさゆき

  9. 9

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  10. 10

    陰謀論ダメ 太田光が訴えた意味

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。