記事

イタリア、ミラノから受信した2020.3.22の通信

1/2
(イタリア、ミラノから本日3月22日受信した通信を個人情報を秘匿して掲載します。いま現地で何が起きているのか証言の一つとして読んでください。
 これは決してイタリア、ミラノだけの事態ではないと思います。いつどこでこのようになるかも知れません。まだそうなっていないところでは、それを防ぐために十分な警戒と対策と行動が必要です。日本の人びとにもくれぐれも注意してくださいとの現地からの警告です。)

***

本当に大変です。
今日から ほとんどの生産工場も閉鎖、国が停まりました。
ミリタリーが出て、外出を厳しくチェック
スーパーは開いているので冷凍庫が底をついたら買い出しに行く予定です。
1人で行くこと、出かける理由を書いた念書を持参です。

もはや医療崩壊、私や夫の通常の検診は無期延期
どんな病気になっても見てくれるところはありません。

我が家も皆感染したと思います。
長男はしばしば 今回感染の一番の核の街ベルガモに仕事で往き、会社が休みになったのはたった10日前からです。彼がもらってきたのでしょうね、我が家に菌を。
彼が5日前発熱2日遅れて弟、そして一昨日夫
高熱は息子たちだけ
今朝は3人とも平熱、私は今のところセーフ
感染しているか否か調べられないし、どこに問い合わせても
呼吸が苦しいと感じた時だけ
連絡して指定病院に行くように指示されています。

もし入院させられるほど酷いと、隔離、死んでもそのまま家族面会許されず
軍隊のトラックで他の州に運ばれ火葬されてしまうので
ペストの時代と同じです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。