記事

新型コロナ、米ポルノ業界に迫る危機

1/2
Images used in photo illustration by Shutterstock / Lucky Business

ポルノビデオ出演者の間で感染が広まれば「大惨事になりうる」と、あるプロデューサーは言う。撮影が続行される中、現場から身を引くスターも。

過去2年間、ジゼル・パーマー氏はポルノ業界の中心地、米ロサンゼルスのサンフェルナンド・ヴァレーで多数のポルノビデオに出演してきた。すると今年に入ってから、新型コロナウイルスの噂が耳に入るようになった。本人いわく、LAから故郷のテキサスへ戻ってしばらく撮影現場から遠ざかることにしたのも、それが主な理由だという。

「コンテンツプラットフォームやストリーミングにシフトすることにしたの。これなら、共演者と身体的接触を取らずにすむでしょう。こういう決断をして本当に良かったと思ってるわ」と、彼女はローリングストーン誌に語った。「状況がいつごろ落ち着くか分かるまで、様子を見るつもりよ」

現場から身を引く道を選んだことで、パーマー氏は金銭的に大きな痛手を被った。本人の推測では、何万ドルものチャンスがふいになったという。それでも、自分の健康を守るためなら安いものだと、彼女は考えている。この業界も、忍び寄るコロナウイルス感染の脅威に十分な備えができていないと言う点では、アメリカの他の業界と変わらない。

現在、ポルノ業界内でのコロナウイルス感染者は報告されていない(ただし、コロナウイルスをヒントにしたポルノ作品はPornhubにあがっているが)。「他の皆さんと同じように、我々も全体的に苦境に陥っています」と、アダルトストリーミングサービスAdult Timeのディレクター兼チーフ・クリエイティブディレクター、ブリー・ミルズ氏は言う。

「私はWEBカムのほうに力を入れて、そっちでファンと交流するつもり。ちょっとでも感染リスクにさらされなようにね」と言うのは、ポルノビデオ出演者でWEBカムパフォーマーのレクシー・ルナ氏。

現在ルナ氏は手術後の療養で撮影を休業しているところだが、「ちょうどいいタイミングだった」と言う。「しばらく休んで、この先どうなるか様子を見るつもりよ」と言って、今後はSextpantherのようなプラットフォームを中心に活動するつもりだと付け加えた。ここでは、ファンとパフォーマーが性的メッセージを直接やり取りすることが認められているので、撮影で失った収入を補填することができる。「この業界でお金を稼ぐ方法はまだまだたくさんあるわ。必ずしもパフォーマーと直接顔を合わせなくてもいいのよ」

ヨーロッパのポルノ業界の状況

新型コロナウイルスが急速に広がっているヨーロッパでは多くの撮影スタジオがすでに一時的な撮影停止に踏み切った。これを受け、コンテンツクリエイターがソーシャルメディアの購読をファンに直接販売できるヨーロッパのソーシャルネットワークFanCentroは、撮影の代わりにプラットフォームへの参入を希望するパフォーマー向けに、利用手引きを発表した。さらに、コロナ危機で自宅待機中のパフォーマーへの支援活動も行っている。

「業界内に不安が広がっていることに気づきました。うちのインフルエンサーはもちろん、他のパフォーマーやセックスワーカーたちからも、渡航制限や撮影現場閉鎖の可能性を危惧する声が上がっていました」と言うのは、FanCentroのマーケティング副部長、キャット・レヴェンガ氏だ。「(それで弊社は)新型コロナウイルスの影響を受けているセックスワーカーやパフォーマーが、自宅で安心して収入が得られる環境をつくることにしたのです」

海外のポルノビデオ制作会社との撮影やエスコートの依頼で、パフォーマーがヨーロッパに出張することも珍しくない、とパーマー氏は言う。新型コロナウイルスの脅威で、パフォーマーたちは前にも増して海外出張に及び腰になった。ルナ氏の周りにも、Exxoticaのような見本市に行かないことにした、というパフォーマーが大勢いるという。パフォーマーとの対面を楽しみに世界各国からやってくる参加者と、じかに交流するのを恐れているのだ。

大勢のポルノビデオ業界関係者は新型コロナウイルスの脅威にいまだ楽観的だ。「撮影セットがウイルスに汚染されている可能性は無きにしもあらずだけど、前向きな態度でいる必要があると私は思う」と、パフォーマーのサラ・ヴァンデラ氏は言う。「(当然これまで通り)健康には十分注意しつつ、病原菌の拡大防止のために衛生対策は徹底するべきだけど」

そうはいっても、撮影セットでのパフォーマーたちの密着具合を考えれば、やはり感染の脅威が大勢の頭に浮かぶ。「セクシャルな状況では身体的接触もたくさんありますし、体液や唾液の交換も多々行われますから、頭を悩ませるのは当然でしょう」とミルズ氏は言う(WHOいわく、ウイルスが性交渉で感染するかどうか判断するにはいま現在十分なデータが集まっていないものの、粘液や唾液の飛沫を経由して伝染することがある。つまり、キスやその他親密な接触は、ウイルスを広める可能性があるということだ)。

仮に新型コロナウイルスが性交渉では感染しないと判明しても、ポルノ作品はサンフェルナンド・ヴァレーのごく限られた場所で撮影されていることから――ウイルスが物体の表面でどのぐらい生存するものか、まだわかっていないことからも――撮影セットで誰かがウイルスにかかる可能性はある、とパーマー氏は指摘する。「同じ現場で、何度も何度も、来る日も来る日も、違う相手と撮影して、しかもソファは体液まみれなのよ」。もし出演者内にウイルスが侵入すれば、「大惨事になりかねない」と彼女は言う。

あわせて読みたい

「性産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    宣言解除で再び出社させられる謎

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。