記事

「3・11」を初めて語ったロッテ・佐々木朗希「たくさんのものを失って、気付いたこと」 - 柳川 悠二

 東日本大震災から9年後の「3・11」を前に、千葉ロッテを取材する番記者たちはざわついていた。ドラ1ルーキーの佐々木朗希(18)がその日、記者の囲み取材に応じるという情報が事前に流れていたのだ。

 岩手県陸前高田市に生まれた佐々木は地震による津波で、父・功太さん(享年37)と祖父母を亡くし、自宅も流されている。だが、佐々木が自身の被災体験について語ることは、これまで一度もなかった。

 大船渡高時代は“令和の怪物”に殺到する報道陣に、学校側も厳しく取材を制限していた。だがそれ以前に、高校生に対して震災に関する質問はあまりにデリケートなため、記者たちは暗黙の了解で避けていたのだ。


当日はオープン戦前にベンチの前で黙祷も捧げた ©共同通信社

「3・11」の午前中、千葉ロッテはZOZOマリンスタジアムの掲示板に1枚の紙を貼りだした。

 そこには地震発生時、佐々木は当時通っていた陸前高田の小学校にいて津波を目の当たりにしたこと、震災後は老人ホームで避難所生活を余儀なくされたこと、小学4年生の時に母方の親族がいる大船渡市に引っ越した経緯などが書かれていた。番記者はこう語る。

「事前に佐々木を担当する広報との間で打ち合わせを行い、この日の取材対応も周到に準備されたものであることがうかがえました」

 予定された12時半より少し早めに始まった会見で、佐々木は初めて、秘めてきた震災への思いを明かした。

3分間の会見で佐々木が語ったこと

「たくさんのものを失って、気付いたことがたくさんある。今、目の前にあるものが当たり前じゃないということがわかり、今という時間を大切にするようになりました。(亡き父らには)プロ野球で活躍しているところを見てもらいたい」

 筆者は昨年、大船渡と陸前高田を歩き、佐々木を指導した関係者を訪ねて回ったが、佐々木家を襲った震災被害の詳細を誰も知らなかった。岩手県高野連の関係者は、「他人にあまり干渉することがない岩手人の気質がある」と説明した。

「岩手の人は身近な人を震災で亡くしていることが多く、誰もそのことには触れようとしない。朗希に関しても、心の傷を広げないよう、皆が気を遣っていた」

 会見はわずか3分ほどだったが、口べたで、人見知りする性格の佐々木が胸襟を開く姿勢を見せたことは、大きな驚きだった。プロ野球選手となり、発する言葉に責任が生まれていることを自覚しての行動だろう。

「立場が変わって、いろいろと発信していかなきゃいけないなという思いがあります。(震災を)風化させてはいけない」(佐々木)

 次はマウンドであの163キロを再現し、もう一度驚かせてほしい。

(柳川 悠二/週刊文春 2020年3月26日号)

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  7. 7

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  10. 10

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。