記事

特殊詐欺集団 海外拠点でのかけ子の監視体制に変化

2019年5月、タイで摘発された特殊詐欺グループが日本へ移送された(時事通信フォト)

2019年4月、詐欺グループが拠点としていたタイ中部パタヤの一軒家を視察する捜査員ら(時事通信フォト)

 ちょうど約一年前に一斉摘発された特殊詐欺グループのタイの拠点は、建物こそ高級リゾート地の邸宅だったが、何人もの日本人男性が軟禁状態でかけ子として電話をかけ続けていた。詐欺の海外拠点といえば、奴隷状態で働かされているのが普通だった。ところが、昨年から摘発が続くフィリピンでの特殊詐欺では、収監されたリーダー格の男性を心配して現地の女性が面会に訪れるなど、軟禁状態とはほど遠かった様子が見えてくる。なぜ海外でのかけ子の生活が変わったのか、ライターの森鷹久氏がレポートする。

【写真】2019年タイで特殊詐欺グループ摘発

 * * *

「彼は……名前は知りませんが何度かお店に来たことがありますね。彼女と彼女の友達っぽい女性と3人で来店されたこともありました」

 Facebookのビデオチャットを使ったインタビューで筆者にこう明かしたのは、フィリピン・マニラ市内の飲食店従業員の邦人男性(20代)。現地を訪れる日本人観光客に人気のナイトクラブなどが点在する繁華街に位置する飲食店に、昨年11月、フィリピンから日本国内に「特殊詐欺電話」をかけていたとして逮捕された日本人36人のうちの一人・M容疑者(20代)が通っていたというのである。筆者がMのSNSアカウント、そしてそこに掲載されていた写真を見せると、散らばっていた記憶の糸が繋がったかのように続ける。

「昨年の秋頃からですね、来られるようになったのは。スポーティーなファッションで、今時の日本人の若い男性という感じ。来られる度に、腕や顔、手にタトゥーが増えていったんで覚えています。連れていた女性はフィリピンの方、おそらくナイトワークをされている女性で、最初は客と従業員、いわゆる『アフター』風だったのですが、そのうち懇意になり、最後はお付き合いをされていたと思います」(飲食店従業員)

 だとすれば、いわゆるオレオレ詐欺など「特殊詐欺」について取材を続けてきた筆者にとって、一つの説が崩れたことになってしまう。

 例えば、フィリピンやタイ、そして中国などに渡り、そこから日本国内に詐欺電話をかけて逮捕されたという日本人のほとんどは、自らの借金などを理由に、まとまった金を集中して稼ぎたいと海外へ割のいい仕事をしにいったつもりでいた。彼らは帰国後に「奴隷のような状態だった」「監視され逃げられる環境ではなかった」と異口同音に、自身が「騙されて詐欺に加担した」と弁明するばかりだった。

 ここでの「騙された」というのは、ほとんどの場合で「詐欺をやらされるとは知らなかった」ではなく「儲かるし遊び放題だと聞いていたのに、実態は違った」というものだ。だがMの場合は、海外拠点で仕事をするきっかけは以前の騙されたと主張していた人たちとあまり変わらないのだが、現地で彼女まで作り、夜な夜な繁華街を遊び歩いていたということになる。

「監視はいますが、金をちゃんと与えないとすぐに逃げ出すし、全てゲロられてはかなわないということで、それなりの待遇をしているはずですよ」

 こう話すのは、カンボジアで日本人向けの不動産物件を販売する山本秀太氏(仮名・40代)。フィリピンやタイをはじめとした東南アジアの不動産事情にも明るく、かつて特殊詐欺の拠点となるホテルや一戸建て物件といった「ハコ」の調達にそうと知らず関与させられたこともある。現地当局に「犯人の関係者」と間違われて拘束されそうになったことをきっかけに、身を守るため情報収集をするうち、詐欺事情にも精通するようになったという。

「かつてはそれこそ奴隷そのもの、SNSなどを使って呼び寄せた日本人からパスポートや携帯電話を取り上げ、徹底的な監視の元に日本へ詐欺電話をかけさせていたそうです。しかし、あまりに環境と待遇が悪く、こっそり日本の親族に助けを求める人間が続出し、日本当局の要請で現地当局がアジトに乗り込んでくるようになった。ニュースでも度々取り上げられるためか、新規の日本人がどうやってもやってこない。そういうわけで、逮捕を免れつつ現地で詐欺をしていた日本人の待遇が、一時的に良くなったのです」(山本氏)

 筆者がこれまで取材した海外拠点で特殊詐欺に従事する日本人の多くは、滞在先のホテルや宿舎から、個人的な理由での外出は一切許されていなかった。月に数度、監視人の元に繁華街へ繰り出し、酒を飲んだり女性スタッフのサービスを受けられる店で遊んだりということはあったが、前出Mのように「彼女を作る」などの行為はできるはずもなかった。こうした締め付けの噂があっという間に広まったことで、監視側の体制も変わったのだという。

「もちろん全員が全員、外出や自由行動が許されていたわけではありません。(詐欺の)ノルマを達成すれば、お小遣いと外出の機会を与えるといった、アメとムチ的な手法が採用されたのです。外出した際に女性に声をかけ、ホテルに行って遊んだり、女性にプレゼントを買う人間もいたようです。Mもそんな特権が与えられたうちの一人でしょう」(山本氏)

 四国地方在住のMの知人も、Mの近況をSNSを通じて知っていた。

「四国の繁華街で、ナイトワークをしていたこともあったようですが、根っからの悪というわけではなく、小柄でおとなしい感じ。フィリピンに行ったことはSNSで知りましたが、彼女との写真をしょっちゅうアップして、顔にまでタトゥーを入れていたから"変わったな"と思っていたのですが、まさか詐欺で逮捕されるとは……」(Mの知人)

 筆者は、Mの彼女であるフィリピン人女性・X氏にSNSを通じてメッセージを送ったが「Mという男は知らない」の一点張りで取材に応じることはなかった。一方で、Mと自身の写真を度々SNSにアップしては「私は寂しい」などと書き込み未練を露わにしつつも、別の日本人男性と食事をする様子を動画でアップしていたりもした。山本氏が解説する。

「詐欺に加担している小金持ちの日本人が、逮捕される前に現地妻や彼女に金を渡して隠させるという漫画みたいなパターンは古典的ですが、今でもよくあります。ほとんどの場合は、そのまま持ち逃げされるのですが、Mの場合はどうでしょうね」(M氏)

 詐欺師たちが置かれた環境は変われど、結局悪銭身につかず、というところだろう。ただ一点気になるのは、詐欺の元締めでさえ、利用される末端詐欺師たちの「待遇改善」を図っているところである。いくら金に困窮していたとしても、特殊詐欺には関わりたく無いと言う判断をする人間を呼び込むために、そして元締めらの地位と利益を確立するために、末端の待遇を変え、新たな人員を呼び込み詐欺を続ける。この国には、給与が低くて働くくらいなら生活保護をもらった方が特、と判断する若者が少なく無い数いて、すでに運営ができなくなった会社も存在することを考えれば、なんとも皮肉ではないか。

あわせて読みたい

「詐欺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  3. 3

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  5. 5

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  6. 6

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  7. 7

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    国別死者数に見るコロナの三極化

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    海外流出防ぐ種苗法改正なぜ賛否

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。