記事

地下鉄サリン事件25年 若者たちの“先生役”だった高橋シズヱさんへ ありがとう

1/2
[画像をブログで見る]

「どうかバトンを受け取って」

地下鉄サリン事件・がんばり続けた25年、遺族の高橋シズヱさん「どうかバトンを受け取って」

出典:ヤフーニュース個人(江川紹子)「地下鉄サリン事件・がんばり続けた25年、遺族の高橋シズヱさん『どうかバトンを受け取って』」

 1995年、3月20日の地下鉄サリン事件で最愛の夫を失って以来、長いこと"遺族の代表”“事件の顔”としてメディアの前に立ち続けてきた高橋シズヱさん(73)がこの日、各社のニュースに登場した。

 25年が過ぎたこの日を最後に、地下鉄サリン事件をめぐる活動の表舞台から身を引くと公表したのだ。

 地下鉄サリン事件と高橋シズヱさんについてくわしいことは事件を長くフォローしているジャーナリストの江川紹子さんの記事に委ねることにしたい。

 筆者は大学教員という立場で高橋シズヱさんとかかわった者だが、高橋さんが学生のために果たしてくれた役割を伝えることは意味があると考え、この文章を書いている。

 高橋さんがバトンを手渡したい相手は、日本の政府、とりわけ公安関係者や司法関係者、メディア関係者、教育界など幅広いはずだが、それだけではない。その中には「若者」というイメージがあったことは間違いない。高橋さんには、これからメディアの世界に進んでいく学生たちにとって、“よき先生役”だったという一面があったからだ。

 「地下鉄サリン事件代表世話人」として高橋シズヱさんが警鐘を鳴らしたきたことで、その後に日本社会が姿勢を改めるに至った点は少なくない。

 オウム真理教のようなカルト集団に対してしっかり監視することができず化学兵器による無差別テロを防止できなかった公安や警察のありよう。

 大きな事件のたびにメディアが被害者の元を押し寄せて関係者の"悲しみの声”を執拗に狙う「メディア・スクラム」のようなメディアの姿勢。

 「被害を受けた側」の人たちが刑事事件の裁判などに立ち合うこともできなかった司法のありかた。 

 「被害者」という立場で、その背中に数多くの被害者やその家族や遺族の存在を背負いながら、高橋シズヱさんは時に毅然と、時に厳しく、言葉を発してきた。そのことで社会は少しずつであっても、「前に」進んできた。「改善へ」されてきた。 

 だが、高橋さんはその一方で若い世代には"別の顔”も見せていた。それが"先生のような役割”だった。

 筆者は数年前から、高橋シズヱさんが毎年3月に行ってきた「地下鉄サリン事件の集い」に学生を連れて参加するようになった。 

 連れていった学生たちの中から高橋さんを取材対象としてドキュメンタリーを撮りたいと言う声が上がったのは3年前の春だった。

 学生が連絡を取ると高橋さんは「何でも聞いていいのよ」と気さくな感じで応じてくれた。

 学生たちが完成させた10数分のドキュメンタリーはコンクールでも入賞したほか、オウム真理教受刑者の死刑執行が迫っていた状況もあって学生たちも新聞やテレビ各社の取材攻勢を受けた。

[画像をブログで見る]

 映像作品の一部はNHK「ニュース7」やNHK「ニュースウォッチ9」でも放送された。 

 ドキュメンタリーの制作後も学生たちと高橋さんとの交流は続いていたが、地下鉄サリン事件から25年となったこの日、「ニュースウォッチ9」はそうした交流の一幕を放映した。

あわせて読みたい

「地下鉄サリン事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。