記事

大相撲・千代丸も なぜ発熱力士はみんな「スピード復帰」?

コロナ陰性、スピード復帰となった千代丸はなにを思うか(時事通信フォト)

 協会員に1人でも新型コロナウイルス感染者が出た場合は中止──そんな条件のもと無観客で始まった大相撲春場所。力士らには所属部屋で朝晩2度の検温を義務づけ、37.5度以上の発熱が2日続けば休場となり、容態によってはPCR検査を受診させるとしていた。そんな状況下で「高熱力士」が出るたびに、相撲協会は右往左往の対応を迫られた。

 相撲協会に“最初の危機”が訪れたのは初日(3月8日)の夜だった。序二段の力士に40度近い熱が出た。2日目に休場が判明したことで報道陣に注目されたが、親方がインフルエンザの検査を受けさせたところ陰性。翌日の朝に36.7度まで下がると、この序二段の力士は5日目から土俵に復帰し、その日に寄り切りで白星を挙げた。

 次の危機が訪れたのは6日目(3月13日)の昼頃。序ノ口の力士の発熱が判明する。病院では「胃腸風邪」と診断されたが、翌日の朝になっても38度から下がらなかった。当然、2日連続で発熱したことでPCR検査を受けさせると思われたが、協会は「毎朝の検温を判断材料にしており、(前日の昼に発熱したので)2日連続に該当しない。明朝の検温で(PCR検査を受けさせるか)決める」(鏡山危機管理部長)という判断に。

 強引な解釈にも思えるが、この序ノ口の力士もまた翌日(8日目)には平熱に戻った。9日目から土俵に復帰し、歴代ワーストの89連敗の記録を持つ服部桜に勝利している。

「場所中に風邪を引いたりすると、扁桃腺が弱い力士などは高熱が出ることが少なくない。通常なら大事をとって千秋楽まで休ませる。ところが、今場所は熱を下げては即土俵に戻すという“スピード復帰”が繰り返された。とにかく、新型コロナウイルスではないことをアピールしたかったのではと勘ぐりたくもなる」(相撲担当記者)

 そして、最大のピンチがやってきた。幕内力士の千代丸(九重部屋)が40度の発熱で休場したのだ。7日目(3月14日)の打ち出し後の検温で38.6度。翌朝は39.7度とさらに上がった。この時点で8日目の休場届を出したが、やはり「毎朝の検温を基準としているので(PCR検査に)該当しない」との判断。宿舎2階の個室で隔離されたが、翌16日(9日目)の朝も40度の熱があり、ようやくPCR検査を受けることになった。

「力士の職業病ともいわれる、足の傷口から細菌が入る『蜂窩織炎』の疑いが強かったが、ルール上は新型コロナウイルスを調べるPCR検査をするしかなかった。検査の結果は陰性。協会幹部も胸をなでおろす一方で、千代丸もスピード復帰となった。体温が下がったといっても10日目の朝の時点で37.7度の高熱。蜂窩織炎は皮膚と皮下組織に細菌が感染し、増殖する急性感染症です。激しい痛みを伴うことも多い。

 にもかかわらず、検査結果が出るとすぐに11日目の取組を決める取組編成会議に間に合うように再出場の手続きをした。この会議も通常は午前11時からのものが、今場所は午後1時に変更されていた。審判部に大人数が集まらないようにする感染リスク軽減策のひとつだというが、結果としてアクシデントを予想していたかのような好都合の展開となった」(相撲ジャーナリスト)

 千代丸は7日目まで5勝2敗と好調で、まだ勝ち越しの可能性が残っていたとはいえ、熱があるなか3日の休みを挟むだけで11日目から異例の早さで土俵に復帰した。それによって新型コロナウイルス感染の噂をかき消し、協会も中止の危機を回避できた。綱渡りが続いた無観客場所の“殊勲賞”の候補のひとりだろう。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。