記事

東京五輪の準備で「選手を危険にさらさない」 英五輪委

イギリスのオリンピック委員会(BOA)は19日、今夏開催予定の東京五輪に向けて準備するなかで、選手たちの「健康を危険にさらすことはしない」とする声明を出した。世界的に流行している新型コロナウイルスを念頭に置いたもの。

東京五輪をめぐっては、国際オリンピック委員会(IOC)が7月24日の開幕は可能との見解を示している。

IOCは今週、新型ウイルスの危機に関して選手代表らと「建設的な」話し合いをもったという。トーマス・バッハ会長は、参加資格や規制について「数多くの質問を浴びた」ものの、東京五輪まで「まだ4カ月以上あることは誰もが承知していた」と主張した。

一方、英女子陸上選手で7種競技王者のカタリナ・ジョンソン=トンプソン氏(27)は、練習はもはや「無理」だと主張。複数の選手から、予定通りの開催に対して批判の声が上がっている。

<関連記事>

こうしたなかでBOAは、「我々はどのような時も、選手と代表団の健康と安全を危険にさらすことはしないと、はっきり表明する」、「選手にとって、安全な場所で五輪に備えることこそ賢明なのは、自明だ」と述べた。

さらに、「この声明の時点で、IOCと東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会(TOCOG)は、2020年7月24日~8月9日の五輪開催に変更はないとしている。BOAは現在の意思決定プロセスを支持し、必要に応じてこのプロセスに参加していく」とした。

また、英アスリーツ・コミッション(BAC)は19日、現在の状況は「選手の(五輪に向けた)準備に重大な影響を及ぼしている」とする声明を発表。

「選手にとって最大の利益となるよう、情報が素早く提供され、時宜にかなった決定がなされることを望む」とした。

「健康を脅かしている」

ジョンソン=トンプソン選手は練習の本拠地をフランスに置いているが、新型ウイルスの影響で行動制限が実施されたため、イギリスに帰国する。

同選手は、「練習して決まったメニューをこなさないといけないというプレッシャーを感じているが、不可能だ」と話した。

ギリシャ女子陸上選手で、リオデジャネイロ五輪の棒高跳びで金メダルを得たエカテリニ・ステファニディ氏は、IOCが選手に毎日練習するよう勧めているとし、「私たちの健康を脅かしている」と述べた。

また、イギリスの元ボート選手で五輪金メダリストのサー・マシュー・ンセントは、五輪は延期か中止する以外に「選択の余地は乏しい」との見解を示した。

ピンセント氏はBBCラジオ4で、「現在の世界情勢には、(五輪より)もっと重大な問題があるように思う」と主張。IOCが予定通りの開催を強調している理由については、「東京への責任を感じているからだろう」と述べた。

そのうえで、日本は開催準備で多大な労力を費やしてきたとし、「経済的な利害は、IOCよりも開催都市のほうがずっと大きい」と話した。

イギリスのUKスポーツ(オリンピック・パラリンピック競技の振興を図る政府系組織)は、選手たちが練習を続けることは可能だとし、トレーニングセンターも「安全な環境を提供できる場合は」利用可能なままにする考えを表明している。

延期は「著しく困難」

東京五輪については、2021年への延期案や、英男子競歩のトム・ボズワース選手のように2020年秋に開催時期を移すよう提案する声が出ている。

IOC委員のサー・クレイグ・リーディーは五輪の開催時期の変更について、「理論上」は可能だが「とてつもなく大変」な決定になるとする。

リーディー氏は、IOCが予定通りの五輪開催に向け「最善の選択」をするよう期待していると話した。そうすれば、「希望と期待感を大いにアピールすることになる」という。

また、「さまざまなスポーツが中止となり、大勢の予定に大きな空白が生じているなか、世界最大のスポーツ大会がしっかり組織され、選手や大会関係者、観客に安全な環境で開催に向かうことは、希望と期待感の表れになる」と説明。

「多大な要求かもしないが、東京と(IOC本部があるスイスの)ローザンヌではそれを実行しようと努力が重ねられていると承知している」と述べた。

イギリスの元陸上競技選手で世界陸連会長のコー男爵(セバスチャン・コー氏)は、「まだ4カ月あって早急に決定しなくていいときには、そうしないでおこう」、「日程を変えないといけないなら、変えないとだめだろう。何事も可能だ」とBBCスポーツに話した。

2012年ロンドン五輪組織委員会会長も務めたコー氏はさらに、BBCラジオ4の番組では、「状況は毎時間変わっているが、今すぐ決断をする必要はない。情報を得て状況に対応しているが、情報があまりない」と述べた。

(英語記事 We will not endanger athletes - BOA'Too early to decide on Olympics'

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  8. 8

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。