記事

天皇皇后、上皇上皇后 1年半の“トライアングルお引っ越し”がついにスタート 皇居、高輪、赤坂へ - 朝霞 保人

1/2

「上皇・上皇后両陛下はともに転居の準備でお忙しくされてきましたし、引っ越し作業で皇居の吹上仙洞御所に出入りする運送スタッフらを通じて新型コロナウイルスに感染するリスクも避けなければならないので、御用邸などでゆっくりと休んでいただき、お荷物の運搬など作業の終了を待って、仮住まいの『仙洞仮御所』となる東京都港区の高輪皇族邸にお移りいただくことになります」

【画像】上皇ご夫妻が転居される高輪皇族邸

 宮内庁関係者は、こう語る。上皇・上皇后両陛下は3月19日、約26年間にわたり親しんだ住まいに別れを告げ、神奈川県葉山町の葉山御用邸に入られた。栃木県の御料牧場を経て3月31日に高輪皇族邸に移られる。そして天皇ご一家と上皇・上皇后両陛下は今後、1年半ほどをかけてお住まいを入れ替わられる予定だ。

天皇皇后と上皇上皇后 2020年1月2日新年一般参賀 ©️時事通信社

東宮御所は先帝の仙洞御所、吹上仙洞御所が天皇ための御所に

 赤坂御用地にあった皇太子のための東宮御所はお代替わりに伴い天皇のための赤坂御所となり、皇居にあった御所はお代替わりに伴い、先帝のための吹上仙洞御所となったが、それぞれを改修して、前者が先帝の仙洞御所となり、後者が天皇のための御所となる。

「上皇・上皇后両陛下が高輪に移られた後、9カ月ほどかけて御所の改修を進め、天皇ご一家が皇居に移られてから、4カ月ほどかけて仙洞御所を改修する予定です。改修工事の終了を待って、上皇・上皇后両陛下が赤坂に移られれば、仮住まい生活は終了となるわけです。ちなみにご滞在中の葉山御用邸は1894(明治27)年に竣工しました。体の弱かった大正天皇の療養先として御用邸建設の地に葉山が選ばれたのは、ドイツ人医師で侍医でもあったエルヴィン・フォン・ベルツ氏による紹介があったといわれています。

 葉山御用邸は現在の御用邸(本邸)のほかに、敷地内の南側に御用邸南邸があったほか、現在は葉山しおさい公園として整備された御用邸の北方の地に、御用邸附属邸がありました。この附属邸は大正天皇が晩年、病気療養に使用したもので、大正天皇崩御の地であり、上皇陛下の父・昭和天皇践祚(即位)の地としても知られています。また、現在の御用邸は1971年に放火被害に遭い、81年に再建されたものです」(同前)

 現在の高輪皇族邸は、73年に高松宮夫妻のために建設されたものだ。2004年に喜久子妃が亡くなるまで高松宮邸として使用されていたが、その後は無人のまま宮内庁が管理。仮住まいの計画が決まったことを受け、建物の改修や新たな事務棟の建設などが行われた。

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  4. 4

    感染の危険減っている 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    五輪簡素化にみる生活様式の変化

    ヒロ

  6. 6

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  9. 9

    コンビニレジ袋有料化で混雑懸念

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。