記事

台湾中銀が2016年以来の利下げ、政策金利は1.125%に


[台北 19日 ロイター] - 台湾中銀は19日、政策金利を1.375%から25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低の1.125%とした。政策金利の引き下げは2016年第2・四半期以来初めて。

ロイター調査では、エコノミスト17人の過半数が政策金利は12.5ベーシスポイント引き下げられ1.25%になると予想していたた。

同中銀は政策決定について、全会一致であり、経済成長押し上げに向け「緩和的な金融政策をつくりだす」と説明した。

中銀はまた、レポ取引を拡大し、銀行に2000億台湾ドル(65億8000万米ドル)を供給することも発表した。

さらに、通年の経済成長率見通しを1.92%とし、昨年12月時点の2.57%から引き下げた。新型コロナウイルスの流行が「世界経済の需給に深刻な影響」を与えていると指摘した。

ただ、これでも大半の民間予想に比べて楽観的だ。INGは第1・四半期の成長率が前年同期比1%、2020年通年が1.8%と見込む。

2020年のコアインフレ率見通しも昨年12月時点の0.7%から0.55%に引き下げた。

*内容を追加して再送します。

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。