記事

暴力団の代紋グッズ それでも受注業者が存在し続ける理由

反社会勢力にとっても名刺は重要(イメージ)

 暴力団対策法が施行され、暴力団排除条例が各地で制定されて以降、指定暴力団の関係者と密接交際者にならないよう法人も個人も細心の注意を払っている。本音をいうと「とてもよい得意先」だった人もいたはずだが、違法だとされては諦めるしかない。なぜ彼らは代紋入りの品にこだわり、それを受注する業者が存在し続けるのか、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *

「赤福」といえば、三重・伊勢神宮の土産品として名高いあんこ餅であり、筆者も中京地区に出向いた際は必ず買い求める逸品だが、製造元業者の会長が今年一月電撃辞任していた。グループ会社が指定暴力団と取引していた事実が発覚したというのだ。

「会長がかねてより懇意だった暴力団幹部に依頼を受け、グループ会社で製造している焼酎容器に、暴力団の代紋をいれたものを納入していたのです。2000年ごろから3466本の代紋入り焼酎を製造、販売し約1500万円の売り上げがあったそうです」(中京地区民放記者)

 代紋とは、暴力団の紋章のこと。その模様をみれば、どの組織かがすぐ分かる。なので、その代紋入り焼酎を製造というのであれば、その暴力団と親しいつきあいをしていると判断されてしまう。その組織を示す紋章が入った品なのだから、暴力団の特別な会合などで配布されたり、土産品として珍重されたことも想像に難くない。つまり暴力団の宣伝活動に加担してしまったことになるのだ。

 暴力団関係者との交際を厳しく禁じた「暴力団排除条例」の施行後、赤福だけでなく、多くの民間企業が暴力団との交際などを理由に処罰されてきた。そして、親密な間柄が明らかになると、個人であれ法人であれ、社会から糾弾され続ける。

「代紋入り焼酎はダメでしょうね……。私どもも代紋入りの物を作ってますから、バレたら真っ先にダメでしょう。ただ、昔からの付き合いもあって断ることもできないし、何と言っても"商売"ですから…」

 苦笑いでこう打ち明けるのは、かつて埼玉県内でハンコ販売店を営んでいたM氏(50代)。ほんの5年ほど前まで、県内、そして都内に本部を置く某指定暴力団二次団体組織の名刺を月に十数万円分「受注」していたのである。

「ヤクザにとっては名刺は"顔"でした。代紋と役職の下に、稼業名が光っている。大物ヤクザさんだと、月に数百枚を配る人もいたから、暴力団は我々にとっては“お得意先”でしたよ」(M氏)

 代紋というのは、我々一般人が想像するよりも「価値」がある。家紋や社章以上に、自身がどのような組織に属するか、を対外的に知らしめるだけでなく「代紋を使える人物」ということで、組織内でも認められた人間であることも同時にアピールできる。「一人前」であることを内外に知らしめるのが「代紋」の効力なのだという。 暴力団排除条例が施行されると、M氏の元にも警察からの問い合わせがあったという。

「名刺作ってますよね? と、もう調べてあるような口調でした。だからヤクザさんからの受注があっても最初は断っていたんですけどね、向こうも名刺が作れなくて困ってるということで……。関係者が経営している別の企業から受注した形にして、裏でこっそり作りました」(M氏)

 こうして、暴力団の名刺すら作ることも難しくなり、以前のようにばら撒かれることも少なくなった。一方で、ネットオークションなどでは暴力団の有名幹部の名刺が販売されるようにもなり、偽の名刺まで登場する始末だ。現役暴力団幹部の解説。

「幹部クラスになれば金メッキの代紋バッジを所有していることからもわかる通り、代紋はヤクザの“看板”です。代紋の刺青を入れる若い衆もいるし、代紋入りのグッズといえば、焼酎に限らず、灰皿や携帯ストラップ、ネクタイピンなど多岐にわたり、組員や関係者の間での需要はそれなりにあるのです。今では代紋入り名刺を配っただけでアウトとか言われていますが、同業者間でのやりとりは普通にあります。代紋グッズの製造で回しているような業者も以前はありましたが、条例でほとんど潰れました。今ではコッソリ闇製造しているからか、価格も高い」

 先の元ハンコ販売店業者・M氏も続ける。

「名刺に限らず、代紋入りの商品は需要がある以上、そしてそれなりの実入りになる以上、製造を請け負う人がゼロになる可能性はありません。暴力団のような反社会勢力と付き合うなとお上に言われても、我々にとっちゃ、彼らは単なる客。古い人になればこの感覚はより強く、なあなあの関係を維持している」(M氏)

 代紋入りの焼酎も名刺も、暴力団を許さないという社会的な空気が醸成されつつある我が国において、決して見逃せないものではあるかもしれない。ただし、その需要が確実に存在する以上、モラルだけ振りかざしておけば解決するという問題ではなく、同じような事例が全く“ゼロ”になる可能性は考えにくいだろう。

あわせて読みたい

「暴力団」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  8. 8

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  9. 9

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  10. 10

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。