記事

財務省は調査をやり直すべし

森友問題に関する、財務省による決裁文書の改ざん、廃棄。前代未聞の事件でした。

これに関して、今日の週刊誌報道において、当時、現場の近畿財務局において文書の改ざんを上から命じられ、それがために自ら命を絶った職員の方の手記が公開されました。

その手記は、この改ざん、廃棄がいかに上からの組織的な指示のもとに行われたものであったか、生々しく、かつ克明に記しています。

当時、財務省は内部調査を行い、報告書を取りまとめた上で、関係者の処分を行ないました。しかしこの手記は、その調査報告書では掘り下げきれなかった、上からの組織的関与を明らかに示しています。

したがって、財務省が真にこの問題から立ち直り、国民の信頼を取り戻していこうと考えるのであれば、もう一度、徹底的に調査をやり直して、どのような経緯で改ざん、廃棄が行われたか、明らかにし尽くすことが必須です。

しかし、今日の国会答弁では、再調査は拒否されました。これが安倍政権の体質。財務省への信頼も大きく失墜しています。残念です。

あわせて読みたい

「財務省」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。