記事

山尾議員の離党報道に触れての雑感。

山尾議員の離党のニュースが流れた。採決を巡る造反は自由闊達な議論の結果ではなかったよう。

今まで党首選も行わず押さえ込んできた?個性の強い面々が支持率の低迷や国民民主とのくすぶる合流論の中で遂に我を主張し始めたようだ。

念のため申し上げればこのことを申し上げるのは、他党に対する批判ではない。主義主張の違いによって、旧社会党の流れを汲む教条主義的勢力や既得権益勢力をバックボーンとする野党が流動化することこそ、厳しい未来が待ち受ける日本の政治に必要なことだと思うからだ。

あわせて読みたい

「山尾志桜里」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。