記事

落ちるナイフを掴む者

Wダウが≒3000ドル下落した翌日(17日)の日経平均は,16500円割れまで進んだ後,戻して17000円台をかろうじてキープして小幅高。不自然な値動きに日銀の買いが入ったのだろうな,と思っていたら,やっぱり(日銀HP)。

今月に入って7回目,1204億円の買いが入っている。この極端な下落相場において今月だけで日銀は7212億円ものETF買いを行っているのだ。自分の稼いだお金であればまずしないことであろう。やったとしたら相当の博打打ちだ。

(日銀HPより引用)

相場の格言に「落ちるナイフは掴むな」というのがあるが,日銀が連日行っているのがこれ。

結局買いが入らない日に価格は調整されてしまっているだけのようにも見える(今日も昨日のNWダウの1000ドル反発に対して結局284円の下げでついに終値で17000円を割り込んでいる)。

こんなことを日銀はいつまで続けるのか。

株式市場が壊れてしまう。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。