記事

落ちるナイフを掴む者

Wダウが≒3000ドル下落した翌日(17日)の日経平均は,16500円割れまで進んだ後,戻して17000円台をかろうじてキープして小幅高。不自然な値動きに日銀の買いが入ったのだろうな,と思っていたら,やっぱり(日銀HP)。

今月に入って7回目,1204億円の買いが入っている。この極端な下落相場において今月だけで日銀は7212億円ものETF買いを行っているのだ。自分の稼いだお金であればまずしないことであろう。やったとしたら相当の博打打ちだ。

(日銀HPより引用)

相場の格言に「落ちるナイフは掴むな」というのがあるが,日銀が連日行っているのがこれ。

結局買いが入らない日に価格は調整されてしまっているだけのようにも見える(今日も昨日のNWダウの1000ドル反発に対して結局284円の下げでついに終値で17000円を割り込んでいる)。

こんなことを日銀はいつまで続けるのか。

株式市場が壊れてしまう。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。